強迫性障害おすすめ本

強迫性障害の本が出版されました。(私のOCD体験も載っています)

「強迫 くもりのち晴れ ときどき雨」(長崎出版)

 私の部分は、強迫性障害だけではなく、親子関係・親子間の葛藤、AC(アダルトチルドレン)・機能不全家族の問題も含んだ内容になっています。

過度の親の教育姿勢(支配)や家庭内暴力のある家で育つ苦しさについても触れられていて、(心理的虐待)順子と言う名前で8番目に載っています。

 本の全体的な感想ですが、どこまで感じた事を表現できるか分かりませんが、私が感じた感想を書いてみたいと思います。

あくまで私の感想なので、著者さんの意図とは少しずれているかもしれません^^

 この本は、単に、この治療が良いという マニュアル本ではなく強迫性障害が治るとは どういうことか、自分なりの治るを問い、みつけていく本です。

本の前半では、8名の方の体験が載っていて 、その症状や体験もさまざまで、治療や、良くなっていく過程も、みんな違うのです。

 人は、今までの成育歴があり、家庭環境も社会環境も全く違う場所で生きています。

 その中で 一人一人 違った尊い人格を日々育んでいき、強迫性障害が治っていく過程においても、この環境や 人格は 無視できず、大きな関わりを持ち、悪化、改善に影響もします。


 本人が強迫性障害だけでなく、子供が強迫性障害、その他の家族の方が強迫性障害の体験もあり、

その体験の中には、親が子を思う気持ち、子に対する接し方、親子間の葛藤 家族問題・親子問題、一緒に住む兄弟姉妹への影響、そして社会との関わり、と人間模様が多々見えてきます。

この本に出てくる、一人一人の生きざまは、今この病にに苦しんでいる方が 強迫性障害とともに生き、向き合っていく事の参考にもなると思うし、側にいる家族の方の関わりについても 参考になると思います。

 強迫性障害の為今どう生きていいか分からない方、先が見えず、絶望の中をさまよい歩いている方々の 手に私は届いて欲しいです。そして 自分なりの治るを探して欲しいです。

 うーん、強迫性障害だけでなく、出来れば他の心の病で苦しんでいる方にも、 多く届いて欲しいですね。

 そうだなぁ。繰り返しになりますが、親子間、家族間の関わり等 生きる と言う事についても 考えさせられる本などで、心の病でない方も、是非手にとってみて欲しいと感じます。


・・・・・・・・・・・・・

で 補足ですが、私がこの本の取材をうけたのは、2007年の5月の事で、かなり前の事になります。 ですから、本の内容 私の考え方 状況には 少しずれが生じており、後半の最後の所で 少し 訂正は、してもらったものの、

 本文の殆どは、当時の状況での記述で 現在とは 少し違ったものもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一人一人の内容は 数ページで その背後には 書かれていない多くの 人生があるわけですが、 こうした短い文章の中にも、内容濃くまとめていただいた事には、とても感謝をしています。

 一時は もう出版は、無しか?? そんな事も心配しましたが、時間はかかったけど、無事出版され良かったですimg_20121105-122007.jpg

プロフィール

プロフィール画像
西濱順子
相談受付050-3552-4596
(IP電話 電話代は全国どこからでも市内通話程度、相談はカウンセリング料金をお振り込みしていただいた後に、お受けする形をとっています)
カウンセリング料金については、カウンセリングメニューのページをご覧ください。
平日9時〜17時(話し中の時は相談中です)
(15時頃終了している日もあります)
相談料金については、カウンセリングメニューのページをご覧ください。

心理カウンセラー
産業カウンセリング・カウンセラー
日本行動療法学会会員
自殺防止センター相談員
一人親家庭相談員
親子・家庭問題相談員
メンタルケア協会メンタルケアのスペシャリスト
犯罪被害者支援員
心のケア相談員

強迫性障害おすすめ本
「強迫 くもりのち晴れ ときどき雨」(長崎出版)

私の強迫性障害体験が載った本。順子と言う名前で8番目に載っています。
テレビ・新聞/出演等
〇フジテレビ放送 FNNスーパーニュース「強迫性障害の特集」番組に出演

〇NHKハートをつなごう 心理的虐待番組に出演

○毎日新聞教育虐待の取材を受ける

新聞投稿
心理カウンセラーまゆの新聞投稿(http://green.ap.teacup.com/mayutoko/)
に私が書き採用された新聞投稿を紹介しています。

日記(ブログ) 日々の思いを綴ってます

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
QRコード
携帯用QRコード