地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2010年01月 のアーカイブ

2010年1月31日 17時51分44秒 (Sun)

ねとらじDJ重賞成績

★競馬板住人inネットラジオDJ重賞予想結果★

ぐれい
東京新聞杯
 投資500円
 回収0円
根岸S
 投資3000円
 回収0円
京都牝馬S
 投資2000円
 回収0円
 
じぇにゅいん
東京新聞杯
 投資0円
 回収0円
根岸S
 投資5000円
 回収0円
京都牝馬S
 投資2000円
 回収0円

タニさん
東京新聞杯
 投資2500円
 回収6080円
根岸S
 投資1000円
 回収0円
京都牝馬S
 投資0円
 回収0円

チャリオット
東京新聞杯
 投資2500円
 回収0円
根岸S
 投資2000円
 回収0円
京都牝馬S
 投資2000円
 回収0円

つた
東京新聞杯
 投資2000円
 回収0円
根岸S
 投資2000円
 回収22950円
京都牝馬S
 投資2000円
 回収0円

マルボロ
東京新聞杯
 投資2600円
 回収0円
根岸S
 投資6500円
 回収0円
京都牝馬S
 投資0円
 回収0円

ロベアレ
東京新聞杯
 投資1000円
 回収4500円
根岸S
 投資600円
 回収0円
京都牝馬S
 投資1100円
 回収0円


【累計ランキング】
@タニさん(7)
 投資15900円
 回収34680円(+18780円)
 回収率218.1%
Aつた(11)
 投資21800円
 回収43770円(+21970円)
 回収率200.8%
Bマルボロ(7)
 投資19600円
 回収16680円(-2920円)
 回収率85.1%
Cロベアレ(8)
 投資9700円
 回収4500円(-5200円)
 回収率46.4%
Dチャリオット(10)
 投資24700円
 回収3900円(-20800円)
 回収率15.8%
Eぐれい(9)
 投資18000円
 回収0円(-18000円)
 回収率0%
Fじぇにゅいん(9)
 投資27000円
 回収0円(-27000円)
 回収率0%


※カッコ内は投票レース数

DJ全体回収率
投資136700円
回収103530円(-33170円)
回収率75.7%

まずは東京新聞杯でタニさんが単勝とワイドを的中させ、快調に首位をキープ。ロベアレも単勝を獲り今期初的中となった。
そして日曜の根岸Sでは先週に続き、つたが競ラジ新聞紙上でグロリアスノアにポツン◎!見事に45.9倍の単勝を仕留めた!
回収率争いはタニさんが依然首位もつたが猛然と追い上げる展開で、以下は回収率100%を割っている。今週も的中ならなかった本紙ぐれいとじぇにゅいんはこのまま終わってしまうのか・・・?。

2010年1月31日 12時14分39秒 (Sun)

根岸S・京都牝馬S

根岸S
◎9サマーウインド
○11ケイアイテンジン
▲5セイクリムズン
△4セレスハント
△16スーニ
馬連
5・9・11BOX
三連複
9ー4・5・11・16

根岸Sは惨敗からの巻き返しは距離短縮の場合を除いてほとんどない。1200からの延長ならば1着もしくは差して届かなかった馬、1400からならば逃げて連対していることが条件である。
この条件をクリアできるのが印をつけた5頭。展開や距離など不安な面はあるものの、ここはサマーウインドとケイアイテンジンの素質を高く評価したい。厳しい流れで強さを発揮してきた馬たちなので、競り合う形にさえならなければ押し切る力はあるはずだ。
もう1頭外せないのがセイクリムズン。前走で壁に当たったようにも感じるが、中山1200は合わなかったのだろう。得意の1400で巻き返しに期待。
1400で先行して強いセレスハント、58キロも短縮で巻き返し濃厚なスーニまで。


京都牝馬S
◎12ブラボーデイジー
○1マイネレーツェル
▲8ヒカルアマランサス
△6ザレマ
△4クラウンプリンセス
△5ワンカラット
△7ショウナンラノビア
△15レインダンス
ワイド
1−12
馬連
1・8・12BOX
三連複
12−1・8−1・4・5・6・7・8・14

基本的にはSSが強いレースではあるが、その中でもダート要素を持った先行馬が活躍している。差してくるのは当然SSの斬れる馬だ。
本命はブラボーデイジー。ダート的なクロフネとSSの血を持つ先行馬でこのレースにはぴったり。今回は流れも向きそうで中心視できる。
対抗はマイネレーツェル。父ステイゴールドも良いが、母方のテスコボーイの血がこのレースの穴血統。今回は内枠である程度の位置でレースができれば食い込む可能性はある。
3番手にヒカルアマランサス。タキオンからくる瞬発力タイプなので確実に追い込んでくるだろう。

2010年1月28日 23時02分01秒 (Thu)

今週の調教診断

根岸S
ワイルドワンダー 7
ダイワディライト 6
オーロマイスター 7
セイクリムズン 6
スーニ 7
サマーウインド 6
ヒシカツリーダー 6
ワンダーポデリオ 7
ケイアイテンジン 8
ミリオンディスク 6
グロリアスノア 5
ショウワモダン 6
グリフィンゲート 7
ビクトリーテツニー 6
セレスハント 6

京都牝馬S
ザレマ 6
レジネッタ 5
ブラボーデイジー 7
ヒカルアマランサス 8
チェレブリタ 7
ワンカラット 8
レインダンス 6
マイティースルー 6
ベストロケーション 6
プリマフォルツァ 6
ショウナンラノビア 5
マイネレーツェル 6
サンレイジャスパー 7
クラウンプリンセス 6

東京新聞杯
レッドスパーダ 6
アブソリュート 6
ストロングガルーダ 7
マイネルファルケ 7
スマイルジャック 6
エーシンフォワード 6
ライブコンサート 6
キャプテンベガ 6
トライアンフマーチ 7
プロヴィナージュ 7
リザーブカード 6
アップドラフト 6
グッドキララ 7
タマモサポート 7
ティアップゴールド 5

2010年1月28日 18時36分02秒 (Thu)

根岸S分析

◆根岸S◆
過去5年の傾向
2009年
フェラーリピサ デピュティミニスター×シアトルスルー
ヒシカツリーダー ニジンスキー×ダンチヒ
セントラルコースト ダンチヒ×ターントゥ

2008年
ワイルドワンダー ロベルト×SS
タイセイアトム サクラバクシンオー×ミスプロ
アドマイヤスバル アドマイヤボス×ニジンスキー

2007年
ビッググラス ミスプロ×ミルリーフ
シーキングザベスト ミスプロ×ストームバード
ニホンピロサート カロ×ハビタット

2006年
リミットレスビッド SS×ノーザンテースト
タイキエニグマ ミスプロ×インリアリティー
トウショウギア ダマスカス×ノーザンダンサー

2005年
メイショウボーラー タイキシャトル×ストームバード
ハードクリスタル ブラッシングブルーム×ノーザンダンサー
エコルプレイス ミスプロ×ノーザンダンサー

血統的にはダートの短距離戦の割にはミスプロの血が目立っていないのが特徴。ややスタミナも要求されることが伺える。

また、この15頭を血統以外の視点からも分析してみると・・・。

★前走からの距離変更
延長 5頭
同距離 5頭
短縮 5頭

短縮が強いかと思ったが、前走距離自体に差はない。だが、延長で馬券になった5頭のうち4頭は前走で1着。残りの1頭は差して届かなかった馬である。
同距離で馬券になった馬も4頭が前走1着。もう1頭も2着と好走していた。更にこのうち4頭は逃げ馬で、1頭も先行馬。同距離で差してきた馬は狙いづらい。
短縮は前走1着が2頭で残りは全て前走着外からの巻き返し。短縮組は前走の内容を問わないので、本質的には一番向いていると言えるかもしれない。

★根岸Sのポイント
@今回、距離延長ならば前走1着であるか、差して届かなかった馬。
A同距離ならば、前走は先行して連対している馬。
B短縮は条件問わず。

@に該当するのは前走中山1200で圧勝したサマーウインド。父タイキシャトルは同じようなステップで根岸Sを制したメイショウボーラーと同じ。前走の走破ラップもメイショウボーラーの根岸S前と酷似している。距離不安はあるが、延長で結果を出す馬の条件はクリアしている。
Aに該当するのは、前走圧巻の逃げ切り勝ちを決めたケイアイテンジン。1400の適性面ではメンバー中No.1といっても過言ではない。問題は父も母もミスプロ系である点。スタミナが問われるこのレースでは最後に力尽きる可能性もある。
Bに該当するのはスーニ。前走JCダートは距離が長かった印象で、まさに理想の距離短縮。ただのスピード血統ではない点もプラス材料。問題は58キロの斤量のみで、59キロを背負って敗退した昨年のバンブーエールのようにならないかだけ。

その他
@に該当・・・ミリオンディスク、グリフィンゲート、セイクリムズン
Aに該当・・・セレスハント
Bに該当・・・インバルコ

血統面や斤量面を考えると中心はやはりサマーウインドになりそうだ。

2010年1月28日 18時32分02秒 (Thu)

東京新聞杯・京都牝馬S血統分析

◆東京新聞杯◆
過去5年の傾向
2009年
アブソリュート タニノギムレット×SS
キャプテンベガ SS×トニービン
スマイルジャック タニノギムレット×SS

2008年
ローレルゲレイロ リファール×ニジンスキー
リキッドノーツ ミスプロ×ネヴァーベンド
タマモサポート グレイソヴリン×ヘイロー

2007年
スズカフェニックス SS×ノーザンダンサー
エアシェイディ SS×ノーザンテースト
イースター ミスプロ×SS

2006年
フジサイレンス フジキセキ×ニジンスキー
オレハマッテルゼ SS×ボールドルーラー
インセンティブガイ ミスプロ×SS

2005年
ハットトリック SS×リボー
キネティクス ミスプロ×ターントゥ
グレイトジャーニー SS×ミスプロ

2008年は例外だが、基本的にはSSが強い瞬発力レース。グレイソヴリンやエルコンドルパサー、エンドスウィープといったスタミナ型のミスプロ系の血も目立つ。
今年はSSとグレイソヴリンの血を持つ昨年の上位3頭が揃って出走。馬券的魅力はなく、何とも悩ましい。
新興勢力では何といってもトライアンフマーチ(スペシャルウィーク×リファール)であろうが、SS系でもスペはやや疑ってかかりたい。過去に馬券になっているSSは直仔とフジキセキのみ。短距離指向が強いフジキセキと比べるとスペはややスピード不足の感はある。
それならばアグネスタキオン産駒のチョウカイファイトの方が人気的にも面白いかもしれない。あとはエルコンドルパサー産駒のアップドラフトもこのコースでは侮れない。

◆京都牝馬S◆
過去5年の傾向
2009年
チェレブリタ ヌレイエフ×ノーザンテースト
レインダンス ダンスインザダーク×ロベルト
ザレマ ダンスインザダーク×ミスプロ

2008年
アドマイヤキッス SS×ミスプロ
ザレマ ダンスインザダーク×ミスプロ
キストゥヘヴン アドマイヤベガ×ノーザンテースト

2007年
ディアデラノビア SS×ナスルーラ
ウイングレット ヘイロー×SS
アグネスラズベリ テスコボーイ×トニービン

2006年
マイネサマンサ ヘイロー×テスコボーイ
メイショウオスカル フジキセキ×ノーザンテースト
チアフルスマイル SS×ミスプロ

2005年
アズマサンダース SS×パーソロン
ウイングレット ヘイロー×SS
エリモピクシー リファール×テスコボーイ

基本的にSSは強いが、ミスプロや非SSのヘイロー系の先行馬も目立つ。京都にしては、ややダート要素が問われるレースといえる。先行馬有利で、差し馬はSSの斬れが欲しい。
こちらも昨年の上位馬が揃って出走してくるため難解。血統的に推すならブラボーデイジー(クロフネ×SS)だろうか。ダート要素の強いクロフネとSSで配合された先行馬でこのレースには向くはずだ。


プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
チャリオット
twitter
chariot001
予想スタイル
血統中心。馬場バイアスと展開などを組み合わせて予想。買い方は三連複と馬連がメイン。
好きな馬
ディープインパクト、ファインモーション

ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

最近のコメント

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数