地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年09月 のアーカイブ

2012年9月30日 16時49分50秒 (Sun)

今週の重賞回顧

シリウスS
1▲ナイスミーチュー
2△ヤマニンキングリー
3 グレープブランデー
投資3100円
回収0円

低レベルレースなので特にコメントなし。GTとかには全く関係ないレース。


スプリンターズS
1△ロードカナロア
2▲カレンチャン
3 ドリームバレンチノ
投資12000円
回収0円

+1.0の馬場差で+1.6の1:06:7。時計的にはそれなりに価値はあるでしょう。土曜よりも内が悪くなったこと、雨が降らなかったことはロードカナロアに味方した。想定よりも速くなったなかで、うまく溜めることもできていた。
パドトロワ、マジンプロスパーは互いにやりあってしまった。もう少し楽な展開になると思ったが、パドトロワはスタートも良くなかった。

合計
投資141500円
回収20100円
回収率14.2%

7〜9月期が終了。最悪な結果でした。1日の中の収支はだいぶ調子が出てきていますが、重賞はどうもだめですね。ただ来週からは最も得意にしている秋の3ヶ月なので今年の負けをすべて取り返す勢いでいきたいと思います。今年は何といってもスミヨン様がやってきます!やっと本物の競馬が見られます。

2012年9月30日 9時40分44秒 (Sun)

スプリンターズS展望

台風の接近に伴い、日曜の阪神競馬は中止になりました。中山も午後は雨の影響が心配されます。

 今開催の中山はエクイターフの影響もあり、超高速馬場が続いています。先週の日曜は雨の影響でかなり時計がかかりましたが、昨日は馬場差+1.5と速い状態に戻っています。例年のスプリンターズSはノーザンダンサー系の成績がよく、サンデー系やバクシンオーは不振という傾向があります。スピードの持続力やパワーが要求されるため、切れ味勝負の馬には不向きなレースです。ただ今年の馬場はもう少し単調なスピード勝負になるのではないかと思っています。今開催の中山芝1200の種牡馬成績を見てみると、1位は3勝で勝率は42.9%にもなるサクラバクシンオー、2位は2勝2着1回のスウェプトオーヴァーボードとなっており、例年よりも軽めのスピード血統の好走が目立ちます。もちろん下級条件の方がレースの質が軽いという面はありますが、この傾向は頭に入れておきたいところです。また、雨のスプリンターズSというのは、ノーザンダンサー系が勝利していないというのもポイント。アストンマーチャン、カルストンライトオ共に非ノーザン系で、かつ逃げ切りでした。雨が降るとより前残り傾向が強まるのがこのレース。現状も内有利の馬場であり、この視点から狙い馬を絞っていきたいと思います。

 本命はスウェプトオーヴァーボード産駒のパドトロワ。昨年2着で今年はアイビスサマーダッシュを快勝と野芝の高速決着にはとにかく強い馬です。洋芝の前走よりも条件は好転しており、展開も味方しそうな今年はチャンス大です。内の馬の出方を窺いながら乗れるこの枠もプラス。重馬場も全く苦にはしません。
 対抗はマジンプロスパー。アストンマーチャンと同じアドマイヤコジーン産駒です。何よりも前走で見せたスピードがとても印象に残りました。それまでは快速というイメージはありませんでしたが、あれだけの行きっぷりを見せられれば、今回も逃げることは可能でしょう。ダートも走れるパワーがあり、雨も大歓迎。有力馬が軒並み外枠に入っているだけに、最内枠のアドバンテージも大きいでしょう。
 以下は当然有力なカレンチャン。バクシンオー産駒のダッシャーゴーゴーも今年の馬場は向きそうです。ただ両馬とも雨が降りすぎるのはプラスにならないでしょう。外国馬ではラッキーナインがうまく立ち回れば浮上する可能性あり。ダンチヒは今の馬場に合います。リトルブリッジはいきなりこの馬場に対応は難しいでしょう。
 人気のロードカナロアは切れ味タイプで中山が不向き。大外枠もマイナス。地力でどこまでという印象で押さえまで。サンデー系のエピセアロームは枠も悪く消し。

◎11パドトロワ
○1マジンプロスパー
▲14カレンチャン
△13ダッシャーゴーゴー
△5ラッキーナイン
△16ロードカナロア

2012年9月23日 16時48分29秒 (Sun)

今週の重賞回顧

神戸新聞杯
1○ゴールドシップ
2 ロードアクレイム
3◎マウントシャスタ
投資7000円
回収0円

オールカマー
1○ナカヤマナイト
2 ダイワファルコン
3△ユニバーサルバンク
投資10000円
回収0円

合計
投資126400円
回収20100円

まず神戸新聞杯はゴールドシップが実力通りに走ったということでしょう。調教が悪いというのはどこまで信用していいものですかね・・・。状態面は難しいです。本当に状態が悪いと能力関係なく大敗しますから軸にはし辛いです。まともならこれくらいは走る馬ですね。ダービーは異常馬場と騎乗ミスでしょう。三冠とれる器だっただけにもったいない。どこまでも伸びていく末脚だけに、来年は世界ですね。
マウントシャスタは切れ味で勝負する馬ではないのです。溜める競馬をしたのが失敗。コース取りも最悪。ひどい競馬でした。この馬は適条件が難しいところ。小回りの2000前後がベストですかね。マイルだとスピードが足りません。
2着に入ったロードアクレイムはパドック気配絶好でした。印はつけませんでしたが、買い目には追加しました。この馬は繋ぎがとても長く、新馬で見たときから長距離向きだと思っていました。ディープ×トニービン×ブラッシンググルーム。菊花賞に出てほしいと思っていた馬が2着に入りました。ここで2着に入ったのは成長の証。適性は文句なしで、菊花賞の本命候補です。ゴールドシップとの一騎打ち濃厚だと思います。
ヒストリカルはやはり距離が長い。マイルCSに出たらあっさりもあると思います。マイラー路線で期待しましょう。

オールカマーは期待したコスモファントムが5着。4角までは絶好の手応えも、コーナーで前の馬にぶつかって?躓いて後退してしまいました。それでも最後もう一度伸びての5着。まず誤算はペースが上がらなかったこと。コスモラピュタもラッキーバニラも馬場が影響したのか全く引っ張ることができず、馬群が密集。ここでスムーズに進出したナカヤマナイトとダイワファルコンがワンツーしたわけですが、コスモファントムは中途半端な位置で、前が壁になってしまいました。ここでスムーズに4角先頭(ダイワファルコンの競馬)ができていれば違う結果だったと思うのですが・・・。先を読んだ騎乗というのが丹内ではできないんですね。スミヨンとかが馬群を割れるのは、きちんとスペースを確保しているからなんです。日本人のほとんどの騎手は何も考えていない。駅のラッシュでうまく抜けだすのもそうですよ。誰の後ろにつければ抜けられるのか、全体の流れをよく見ないといけません。日常からそういう意識を騎手にはもってもらいたいです。

2012年9月23日 9時24分15秒 (Sun)

神戸新聞杯・オールカマー展望

神戸新聞杯
毎年、菊花賞トライアルの中でも春の主力勢力が集まる神戸新聞杯。例年の傾向から言えば、とにかくダービーの上位組が強いレース。夏の上がり馬は、来ても3着までである。条件上がりで3着に食い込んだオウケンブルースリとビッグウィークが共に菊花賞馬となっている。
今年はダービーの1〜4着が不在で、上がり馬に目を向けていきたいところではあるが、1000万下勝ちがあるのはミルドリームとユウキソルジャーのみで、そのパフォーマンスもここで通用するレベルにあるとは思えない。やはり先週のローズS同様に春の実績馬から狙うのが妥当だろう。

基本的に末脚勝負になる阪神外回りなので、切れ味を重視したいところ。土曜の馬場差は+1.3ということで、依然高速設定である。だが、日曜は雨の影響で馬場が渋る可能性が高い。ややパワーも要求されるとみたい。
本命はマウントシャスタ。宝塚記念は古馬OP基準+0.7のパフォーマンスを見せている。厳しい流れを早め先頭で、ウインバリアシオンと差がない競馬を見せた。道中で同じような位置にいたアーネストリーには9馬身の差をつけている。単純に春の3歳牡馬が見せたパフォーマンスとしては最高レベルである。宝塚記念のようなレースは神戸新聞杯で求められる適性とは違うが、雨が降ったことがプラスになる。状態面も言うことなく、ここは中心にしたい。
対抗はゴールドシップ。ダービーは古馬OP基準に+0.4。この世代では間違いなく一番強い馬だと思っている。追えば追うだけ伸びる馬で、長い直線は大歓迎。だが、明らかに調教の動きが悪すぎる。7割くらいのデキでも無様な競馬はしないと思うが、マウントシャスタとの比較でいうと本命には推せなかった。

3着は難解なので、馬連1点勝負でいいかと思っている。とりあえず3番手候補はダービーで古馬OP基準のベールドインパクト。あとは一発があるならヒストリカルだと思うが、仕上がり途上なのと距離に疑問符がある。血統的にはハーツクライ産駒のカポーティスターが面白いが、意外と人気になっていて妙味は薄い。

◎11マウントシャスタ
○14ゴールドシップ
▲9ベールドインパクト
△4カポーティスター
△7ヒストリカル


オールカマー
このレースは非根幹距離の特殊レース。時計比較をしてもあまり意味がない。最も重視すべきは非根幹距離にの適性。年齢関係なく、得意な馬は何度でも来るリピーターレースである。
過去5年で馬券になった馬15頭すべてに当てはまるのが、過去に非根幹距離重賞で3着以内に入った経験があることである。
今回のメンバーでこの条件に当てはまるのは、マイネルキッツ・ユニバーサルバンク・サンテミリオン・ナカヤマナイト・ネヴァブション・マイネルスターリー・コスモファントムの7頭。

さらにデータ的には、前走条件戦、斤量55キロ以下の馬は馬券になっていない。あとは先行有利で、4角では5番手以内にはいないと勝負にならない。

以上を踏まえて、本命はコスモファントム。非根幹距離は(1・2・1・1)という実績。唯一の着外もAJCCの4着である。血統的にも持続力に優れたナスルーラで、コスモラピュタが作るペースが向きそうだ。そして何よりも斤量56キロが魅力。斤量泣きをする馬で、57キロ以上になってから途端にパフォーマンスを落としている。56キロで臨んだ大阪杯は相手が強かったのもあるが、何よりペースが合わなかった。今回は久しぶりに条件が揃ったと言えるだろう。中山の芝も今週に入ってから外差しに変わってきており、大外枠も不利にはならない。
対抗はナカヤマナイト。今年のAJCCでルーラーシップの2着。実績的にもここでは一歩リードしている。脚質的に後ろからなので、その点のみ本命馬に劣る。
3番手にはネヴァブション。言うまでもなくマツリダゴッホと並ぶ非根幹の鬼である。9歳だが、今回のメンバーならまだまだチャンスはある。以下はマイネルキッツ、ユニバーサルバンク、マイネルスターリーを押さえ、最後に1番人気ルルーシュまで。ルルーシュは危険な人気馬だとは思うが、前走は古馬OP基準を1.2秒上回っており、時計は優秀。先行力もあるので良いポジションでレースは運べるので、無印にはできない。ゼンノロブロイの中山替わりはプラスではないでしょう。
ダコールは切れ味型でこのコースはまず合わない。今までのレースを見ても坂で必ず止まる。

◎16コスモファントム
○13ナカヤマナイト
▲14ネヴァブション
△2ルル−シュ
△6マイネルキッツ
△8ユニバーサルバンク
△15マイネルスターリー

2012年9月17日 16時34分19秒 (Mon)

今週の重賞回顧

ローズS
1◎ジェンティルドンナ
2○ヴィルシーナ
3△ラスヴェンチュラス
投資3000円
回収8000円
三連単8.0倍×1000円的中!

レースレベルは標準。阪神は今週から高速馬場ではなく、通常レベルに設定されていた。勝ったジェンティルドンナはパドックから圧倒的な風格を醸し出していた。12キロ増だったが、太め感は全くなく、牝馬とは思えない迫力。レースレベルが上がった方が高いパフォーマンスを出すタイプで、牡馬相手のGTでも好勝負できる馬だと感じた。
レースでは先行策をとり、2番手で折り合った時点で勝負あり。今回のメンバーでジェンティルを差し切れる脚を持っている馬はいない。ヴィルシーナはいかにも試走という感じで勝つ気もあまりなかったのでは?3着争いは上がり馬ラスヴェンチュラスが何とか制したが、本番にはあまりつながりそうもない。ヴィルシーナが本番でどういう騎乗をしてくるか分からないが、現時点でジェンティルドンナは抜けた存在であることは間違いなく、先行もできるとなるとますます秋華賞での死角はないだろう。個人的にはジャパンカップで見たい馬である。


セントライト記念
1◎フェノーメノ
2 スカイディグニティ
3 ダノンジェラート
投資10000円
回収0円

日曜夜に雨が降った中山。その影響がどこまであったかは分からないが、内有利の馬場になったことは確か。ちょっとフェノーメノが枠や脚質を考えると心配ではあったが、あっさり先行した時点で勝負あり。一番楽な位置でレースを進めることができた。能力は疑いようもなく、まずは順当勝ち。このあとは菊か天皇賞か?菊花賞ならば血統的に評価はあまりできない。対抗にしたエタンダール、そして3番手のエキストラエンドは1コーナーでのポジション取りが全て。スタートも悪くなく、取りにいく意識さえあればどうにでもなると思ったが、外から入ってきたダノンジェラートにあっさりと前を譲ってしまった。この時点で万事休す。4コーナーで外を回す乗り方は絶対にやってはならない馬場だった。
2着のスカイディグニティは血統的には買える馬だったし、枠も良かった。それでも前走の内容は情けなかった。今回は一変してきたが、本番へ向けては悩みどころになりそうな馬。ブライアンズタイムは菊花賞の穴血統ではあるが、母父ノーザンテーストは距離に不安を持たせる。要検討の1頭。
ダノンジェラートは不利な外枠だったが、親切な内枠の馬たちが道を譲ってくれたおかげでいいポジションで進めることができた。何よりも状態がとても良かったように思う。菊花賞には向かない血統。小回りの2000前後が合う。

合計
投資109400円
回収20100円
回収率18.4%



プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
チャリオット
twitter
chariot001
予想スタイル
血統中心。馬場バイアスと展開などを組み合わせて予想。買い方は三連複と馬連がメイン。
好きな馬
ディープインパクト、ファインモーション

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

最近のコメント

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数