地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2016年06月 のアーカイブ

2016年6月26日 9時51分23秒 (Sun)

宝塚記念予想

今日は上半期の締めくくり宝塚記念です。凱旋門賞に向けた壮行レースとなるドゥラメンテ、ファン投票1位のキタサンブラックなど現役の古馬としては、最高のメンバーが揃いました。阪神2200という非根幹距離、内回り、梅雨の時期に開催されることなど、他のG1とは大きく適性が異なるレースだけに、ここは予想力が試されると思います。ビシッと的中したいですね。

このような条件で行われるため、宝塚記念がG1初制覇という例が非常に多くあります。言い換えれば、クラシックなどの王道レースとは適性がズレているということです。また、梅雨の時期で馬場がタフになりやすいことも影響が大きくなります。高速馬場京都の菊花賞や天皇賞よりもはるかに求められるスタミナ量が多くなります。キタサンブラックやラブリーデイはレースの立ち回りの巧さが武器で、本来持っているスタミナはそれほどでもないと思っています。この2頭が好走しているときは、他馬が力を余して負けてしまっています。立ち回りの巧さも実力のうちだとは思いますが、今回は展開や馬場に恵まれることはないと思います。宝塚記念はそういうレースではありません。
ドゥラメンテについても、ベストは高速馬場での切れ味勝負。タフな馬場では脆さを見せる可能性もありそうです。また中山記念やドバイでの走りを見ていると、骨折の影響はありそうで、ダービーからの成長力にも疑問を感じています。

◎13タッチングスピーチ
○16マリアライト
▲5シュヴァルグラン
△1、2、8、9、15

本命はタッチングスピーチ。ディープ牝馬はこのレースで3年連続で馬券になっています。タッチングスピーチはエンジンの掛かりが遅く、普通の馬場では間に合いません。阪神のタフな馬場で持続戦になれば、この馬のスタミナが活きるはず。展開の助けは必要ですが、現在16番人気なら積極的に狙ってみたい馬です。
対抗も同じディープ牝馬のマリアライト。こちらもタフな条件は得意。他もスタミナを重視した予想なので、あとは馬場が乾きすぎないことを祈りたいと思います。

2016年6月19日 9時28分47秒 (Sun)

今週の重賞予想

今週はエイシンヒカリがプリンスオブウェールズSに出走。日本馬初のロイヤルアスコット開催優勝が期待されましたが、結果は最下位の6着に終わりました。重馬場のシャンティイを圧勝したものの、やはりアスコットは別物でした。前走10馬身以上突き放した馬に完敗しているため、求められた適性がまるで違ったということでしょう。アスコットで日本馬が勝つには、日本で結果を残している馬では難しいと思います。日本ではスピード不足で、急加速が苦手なタイプこそ挑戦すべきでしょう。ゴールドシップなら衝撃的な圧勝をしたと思うんですけどね。現役ならレッドアルディストが向いていると思います。それと同時に、シャンティイにおけるディープインパクト産駒の適性が高そうだというのも、秋の凱旋門賞に向けては楽しみです。エイシンヒカリが爆走したコースで、マカヒキの末脚が炸裂するような気がします。

さて、今週は重賞2つ。来週の宝塚記念に向けてもきっちり仕留めたいところです。

ユニコーンS
◎12ゴールドドリーム
○13ストロングバローズ
▲11クインズサターン
△1、4、6、10、14

ベルモントS3着のラニに先着している◎と○は今世代屈指の実力馬。東京マイルは末脚が活きる舞台なので、ゴールドドリームを上にとります。前走は小回りが合わず、ここは巻き返し必至でしょう。ヒヤシンスSはラニの捲りで、前には厳しい展開で粘ったストロングバローズが相手筆頭。この2頭の一騎打ちと考え、3着を手広く狙いたいと思います。

函館スプリントS
◎13アースソニック
○12ティーハーフ
▲7オメガヴェンデッタ
△1、3、4、5、6、14

函館1200は先行馬にはきついタフなコース。ローレルベローチェがハナを主張するため、ペースはある程度流れると想定し、差し馬を狙います。昨日のメインでも2頭が馬券になったクロフネ産駒アースソニックを本命にします。外めの枠もよく、流れが嵌まればチャンスは十分です。対抗は昨年圧勝のティーハーフ。ここはベスト条件です。この2頭から手広くいきます。

2016年6月12日 9時23分58秒 (Sun)

今週の重賞予想

今朝のベルモントS。日本から挑戦したラニが3着!米3冠皆勤で、9→5→3着と連戦ながら着順を上げる健闘を見せてくれました。今後はBCクラシックなどにも挑戦してほしいですね。また、ラニを先駆者として、これからも米クラシックに参戦する日本馬が増えてほしいものです。さて、今週はG1がお休みで、重賞2つが組まれています。宝塚記念の前に資金稼ぎといきたいところですね。

エプソムカップ
◎1ラングレー
○18ルージュバック
▲8エキストラエンド
△3、7、9、12、13、16

基本的にはディープインパクト産駒が力を出せる舞台。更に内枠の先行馬向きのレースとあれば、今回のラングレーは条件にピッタリ。データからは逆らえない。
対抗はルージュバック。非根幹距離の1800で府中というのは、この馬のベスト条件でしょう。G3ならばマンハッタンカフェでも威張れる。この2頭を中心に相手は手広くいきたい。

マーメイドS
◎4レッドオリヴィア
○13シュンドルボン
▲3アカネイロ
△1、2、7、8、10、12

とにかく荒れるレース。阪神2000はタフなので、いわゆる単にキレるだけでは厳しいコース。血統的にはスタミナの裏付けがほしいところ。あとは内回り実績を重視。
本命はレッドオリヴィア。トニービンの血は強調材料で、斤量も恵まれている。対抗のシュンドルボンも母父エルコンドルパサーで昨年のマリアライトと同じような位置付け。
馬券は手広くいきたい。

2016年6月4日 21時55分14秒 (Sat)

安田記念予想

今週は安田記念ということで、最強マイラーのモーリスが日本に帰ってきます。テイエムオペラオーなどに並ぶ重賞8連勝なるかが注目されます。
モーリス出走の影響か、G1では珍しい12頭立ての少頭数で行われる今年の安田記念。これが今回の予想のポイントになるかと思います。逃げ馬不在の少頭数。本来の安田記念は究極の持続戦になりますが、今年はスローのヨーイドンを想定します。レースレベルが上がらないであろうと考え、地力よりも一瞬の加速力を重視したいと思います。

◎9イスラボニータ
○8モーリス
▲11リアルスティール
△7サトノアラジン
△10フィエロ

イスラボニータは長い脚が使えないものの、一瞬の加速力は現役トップクラス。レースの動き出しが遅くなればなるほど、好走の確率は高まるでしょう。持続戦になれば沈むでしょうが、さすがにこのメンバーならばスローは必至で絶好の狙い目です。あとはモーリスとディープインパクト産駒で。


プロフィール

プロフィール画像
ニックネーム
チャリオット
twitter
chariot001
予想スタイル
血統中心。馬場バイアスと展開などを組み合わせて予想。買い方は三連複と馬連がメイン。
好きな馬
ディープインパクト、ファインモーション

ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

最近のコメント

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数