地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

日本国債デフォルトの可能性やハイパーインフレ対策

 

日本国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖対策は?

日本国債デフォルトハイパーインフレやデノミや預金封鎖に対する対策は皆さん準備できていますか?イタリヤやスペインの国債金利が危険水準の7%前後とギリシャ国債のデフォルトから始まったユーロ危機は収まるどころか拡大を続けている状態ですし、世界を見渡せば近年ロシアでは物価が毎年70倍になるハイパーインフレを3年間経験しまし、デノミによって資産価値が一気に1000分の1になりました。1年間に50倍のハイパーインフレを経験したアルゼンチンや金利が1万5000%のトルコ等いたるところで国債デフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖が発生しています(その他ジンバブエやドイツやハンガリーやブラジル等多くの国でデフォルトやハイパーインフレが発生しています)。国家財政が破綻までせずともお隣の韓国で、近年住宅ローン金利が30%まで上昇し多くの方が土地や建物等の財産を取り上げられて無一文になったそうです。この国債デフォルトやハイパーインフレの危機を対岸の火事だと全く気にしていない日本人も多いと思われますが、実は日本も早かれ遅かれデフォルトやハイパーインフレやデノミや預金封鎖等厳しい道を歩む可能性が高くなってきています。今現在の日本の財政状態を年収1000万円の一般家庭にたとえると年収1000万円にも関わらず年間に2000万円お金を使い、なおかつ借金が2億5000万円ある状態です。一般家庭でしたら誰が見ても間違いなく破綻していると判断するのではないでしょうか?消費税増税で少々収入を増やしても焼け石に水状態であることがよくわかります。



※低リスクで海外資産や通貨や債権を保有して日本国債デフォルトハイパーインフレ対策をしたい方は投資信託なら【フィデリティ証券】 をご利用ください。日経平均が下がった時に資産価値が増加する新光ベア日本株V等デフォルトハイパーインフレ対策に最適な商品を多数取り揃えています。手数料無料のお得なキャンペーン中ですし、投資ノウハウも豊富な担当者が相談にのってくれるので安心して取引することが出来ます。日本の財政状態は過去最悪な状態なので混乱していない今対応しておかないと大変なことになります。




※できるだけ多くの人にこの日本国債デフォルトハイパーインフレ対策の情報を届けたいと思っていますので、もしいい内容だと思っていただけた方はツイッターやフェイスブックのいいね等で応援して頂ければ非常にありがたい話です。皆様にはお手数かけますが、応援していただけることで検索順位があがり、多くの方に情報を届けることが出来ます。ご協力お願い申し上げます。

 

銀行預金や生命保険等も安全資産ではなくリスク商品

今のところ日本の銀行や保険会社や郵便局が顧客から預かったお金の運用先として日本国債を購入しているので順調に国債の消化が行われています。しかし、日本の財政状態が危険な水準まで達していることは特に都市銀行等は感づいていますので、金利が安くても早めに撤退できるように短期の日本国債に切り替えています。そして、ある時どこかの都市銀行が日本国債に見切りをつけて売り出すと一斉に金融機関が日本国債の購入側から売却側に立場を変えてきます。そうなると日本の国債価格が低下して金利が上昇高騰して、その上高騰につられて金融機関からの企業に対する貸出借り入れ金利の上昇や為替の円安が発生し、上昇した国債の金利が支払えなくなった日本国の財政が破綻し(デフォルト)、変動金利や数年固定金利の借り入れや住宅ローンを利用していた企業や会社の財政や個人家計がハイパーインフレ等の影響(実際に韓国ではインフレによって住宅ローン金利が30%程度まで上昇して多くの人の家計が破たんしました)で破綻し、失業者や破産者が急増します。  それに加えて、銀行など金融機関も安全債権として計上していた日本国債が貸し倒れになるので膨大な負債を抱え倒産し金融危機が発生します。数行程度の倒産であれば預金保険機構のペイオフで1000万円まで保護されますが、日本国全ての銀行が倒産となると預金保険機構自体が機能しませんので、安全だと思っていた銀行預金も一瞬でなくなります。


※デフォルトハイパーインフレ対策で一番重要なことは自分の資産や財産の価値を守ることです。ハイパーインフレが発生すると賃金や預金の資産価値は目減りします。この時に日経平均はインフレにあわせて価格が上昇します。よって日経平均を買っておけばハイパーインフレによる資産価値の目減りを防ぐことが出来るということです。デフォルトが発生したら国債が無価値になるので国債を多く保有する銀行が破綻します。銀行が破綻するとペイオフで銀行にあずけていた1000万円以上の預金が無価値になります。そして日経平均は一時的に下がるのでこの時に日経平均を売っておけば資産を守ることが出来ます。そして、日本でハイパーインフレやデフォルトが発生した場合、安全資産である金を購入しておけば資産価値を守ることが出来ます。これらの状況に対応できるサービスがDMM CFD です。口座を持っているだけでは万が一の事態が発生した時に安全に資産や財産を守ることが出来ないと思いますので、出来るだけ早く口座を開設して実際に利用してルール等を理解しておいたほうがいいと思います。備えあれば憂いなしです。

 

 

デフォルトやハイパーインフレ発生の可能性は高く時期は近い

もし、そうならなくても日本銀行の国債引き受け等によるハイパーインフレの影響でお金の価値が何十分の一や何百分の一になり資産価値が大幅に目減りします。そうなると食べるものや寝るところや着るものにも困る悲惨な状況になります。その上更に大増税や預金封鎖や預金引き出し制限やデノミや新円切り替えや徳政令が出され更なる混乱が引き起こされるかもしれません。まだまだ将来のことだろうから大丈夫と思われている方もおられるかもわかりませんが、はっきり申し上げるともうこのような悲惨な苦しい時代が目の前に迫っています。そして、何の手も打たなければ今手にしている資産のほぼ全てを手放すことになると思われます。そうならないために、日本国債のデフォルトやハイパーインフレや預金封鎖やデノミ等の状況下でも大切な資金や資産を失わないための自己防衛手段や方法を考える事が必要になってきます。ここでは元銀行員で現事務長の私が近い将来起こるであろう日本国債のデフォルトやハイパーインフレや預金封鎖やデノミ(ここまでひどくならなくてもインフレは必ず起こると思います)から大切な資産を守るために中国ベトナムなど海外株式投資や為替など外国通貨投資や固定金利の住宅ローンフラット35や自動車オートマイカーローンの利用や海外からの広告副収入などの独自の対策を紹介します。また、掲示板やお問い合わせを利用して個人でも出来る日本国債デフォルトハイパーインフレ対策に関する情報交換をしたいと思っていますので興味がある方は是非書き込みをお願いします。

 

 

個人で出来る対策ホームページ内容

このホームページではタンス預金のメリット・デメリットや銀行預金はリスクや生命損害保険は危険大や確定拠出年金401Kは危険や国債は一番のリスク商品やリスク軽減の為に対策を考えるや都市銀行を利用やドルや元等海外通貨で国債デフォルトハイパーインフレ対策や国内銀行外貨預金はリスクありや外貨建てMMFで対策や日本国内の外国資本の銀行を利用や海外銀行口座で対策や国債は一番のリスクや中国株等外国企業に投資やフラット35等全期間固定金利の住宅ローンで土地や家を購入やドル建ての広告副収入や太陽光発電と蓄電池や野菜等食料を自家栽培やラーメンやレトルト等保存食を備蓄や治安悪化に空手や日立キャピタルやVix恐怖指数や日経平均ベア上場投信やCFDやFXへ投資やJAマイカーオートローンでインフレ対策や財産対策や預金封鎖対策や後悔しない住宅用の土地や宅地の選び方や値切り交渉方法等について紹介しています。

 

 

 

安倍晋三政権のアベノミクスはハイパーインフレを早めるのか?

平成27年1月1日現在の状況を見ると日本の財政状況や景気が良くなっているようには見えません。それに加えてロシアやギリシャやその他の資源国や中国の財政や景気が非常に怪しい状況になっているので大混乱(北朝鮮の核実験やISイスラム国等の動向も気になります)がいつ起こってもおかしくない状況です。最悪のXデーに備えてできる限り前もって準備をしておきましょう。備え有れば憂いなしです。
 

産油国のデフォルトハイパーインフレの可能性も
平成28年1月の世界の株式市場は弱気相場一色となっています。そしてその大きな原因の一つに原油相場の大幅な下落があります。原油相場の大幅な下落で財政赤字の補填で世界中のオイルマネーが引き上げられて株式相場の大幅な下落につながっています。このような状況が続けばいずれ産油国のお金が枯渇して最終的に財政破綻、つまりデフォルトやハイパーインフレが発生することになります。主な産油国はサウジアラビアやロシアやノルウェーやイランやメキシコやイラクやクウェートやインドネシアやカナダやナイジェリアやベネズエラやアラブ首長国連邦やアルジェリアやカタールやカザフスタンとなっています。その他にも産油国に該当する国がありますのでもし万が一これらの国がデフォルトやハイパーインフレになった場合は、日本国が同じような状況になった時の対策のヒントになりますので他人事とは考えずにしっかり状況を見極めどういう対応をすればいいか考えていきましょう。はっきり言って対岸の火事ではありません。




 

下記ホームページは私が運営しています。

 後悔しない住宅用土地の選び方・値引き交渉方法等

 元銀行員の得する住宅ローン利用法・借換え・金利・比較

 レオハウス住宅でも大満足 価格口コミ評価間取り

 太陽光発電付住宅で節電生活・年間収支実績

 カナディアンソーラー太陽光発電システムで売電生活

 ローコスト住宅でも大満足

 住宅金融公庫から銀行住宅ローンへ借り換えはリスク危険

 日立キャピタルのオートローンが一番低固定金利でお得

 医師 内科や外科等から精神科へ転向で幸せ生活

 日本株・証券外務員の初心者でも儲かるお金持ち投資方法
 低価格住宅ローコストな安い価格でいい家を建てる方法
 病院事務長の求人や年収や仕事や業務
 

 


ブログ

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

カテゴリー

アクセス数
ページビュー数