2013年02月 アーカイブ

2013年2月19日 11時35分36秒 (Tue)

震災の慰霊追悼蓄音機演奏会が終わりました。

震災の慰霊追悼蓄音機演奏会が終わりました。画像  今回は、震災当時のごった返した状態を参加者の方々に思い出して頂こうと、市場のアーケード下といった蓄音機には「不向き」な会場での演奏を行いました。

 会場の神戸新鮮市場では、休日を選んだので「いらっしゃい!」というような大きな掛け声はあまり無かったのですが、演奏中にバイクなどの騒音が鳴り響いていました。

 しかし驚いたことは会場のお客様に聞いたところ「殆ど気にならなかった、蓄音機は心に染み入る音色ですっかり聴き入ってしまいました」と、雑音に気づかなかったということです。

お寒い中お集まりいただきありがとうございました。

(画像は集まったお客様に今回の趣旨を訴える神戸新鮮市場代表の佐藤実さん)

事務局長 水野


●新聞に掲載された記事

読売新聞 2013年2月18日
 阪神と東日本の二つの大震災の犠牲者に追悼の音色を届けようと、神戸市兵庫区の神戸新鮮市場で17日、100年前の蓄音機とレコードを使った演奏会が開かれた。制約があって被災地支援に駆け付けられない人たちの復興への願いを東北に届けようと企画された。(南部さやか)
 同市場は阪神大震災で一部の商店が全壊するなど被害が多く出た。今でも約450店舗が営業を続け、震災前の500店舗超から大きく減らすことなくにぎわいをとどめている。
 市場には震災直後に全国各地から救援物資や義援金など支援が届いたことから、東日本大震災を受けて食糧や日用雑貨などの物資を提供してきた。だが、仕事の制約もあって現地の支援活動に加われないもどかしさを抱えている商店主も多く、遠く離れた神戸からも復興への思いを届けたいとコンサートが企画された。店主の一人が「日本蓄音機倶楽部(くらぶ)」(宝塚市)のメンバーで、「郷愁を誘う音色を通じて、心を穏やかにしてほしい」と蓄音機の演奏会を提案し、実現した。
 この日は、オーディオ文化史研究家で、同倶楽部名誉会長の品川征郎(せいろう)さんが所蔵する1906年製のラッパ型と26年製のポータブル型の2台が市場の一角に並んだ。曲目には「故郷の空」「懐かしい故郷の人々」など希望のメッセージが込められたものを選曲。どこか懐かしさを感じさせる温かな調べが流れ出すと、買い物客が足を止めて聴き入っていた。
 市場の佐藤実会長(69)は「『東日本の被災地のことを忘れない』という神戸の気持ちが届いてほしい」と話していた。

毎日新聞 2013年02月18日
 阪神大震災と東日本大震災の犠牲者を追悼しようと、神戸市兵庫区の東山商店街で17日、蓄音機の演奏会が開かれた。同商店街は95年の阪神大震災で店舗の約7割が全半壊したが、復興を果たした商店街に響く優しい音色に、買い物客らが耳を澄ませた。
 演奏会は、日本蓄音機倶楽部事務局長の水野充博さん(51)が提供したラッパ付きの卓上型(1906年製)などでクラシックや歌謡曲を披露。商店街振興組合の佐藤実理事長(69)は「被災した場所として東北に思いを届けたかった」と話した。【井上卓也】

2013年2月1日 10時32分12秒 (Fri)

阪神淡路大震災、東日本大震災犠牲者へ追悼の演奏会

阪神淡路大震災、東日本大震災犠牲者へ追悼の演奏会画像 私たち日本蓄音機倶楽部も昨年3月に本部である宝塚で火災に遭い、代表の品川征郎氏が集めた貴重な蓄音機や多くのレコードが灰になりました 。 中でも品川征郎氏が70年に渡り親しんで来た家屋が全焼し、「一瞬にして大津波に思い出を浚われた東北の方々の悔しさと無念が痛いほど分かる」と仰られています。 そして、私たち震災経験者も東北の方々のお力に何とか成れないか?と思う日々を過ごしています。 現地へ行ってお手伝いしたい心は強くあるけれど、不自由故に行けない辛さで胸が締め付けられる思いもあります。 今回はぜひ多くの方にお集まりいただき、追悼の演奏会を行いたいと思っております。

日時、場所    2月17日(日)   神戸新鮮市場    
1回目、14時より東山商店街中央会場にて。(マップ025周辺)    
2回目、16時より東山商店街湊川会場にて。(マップ107周辺)        
神戸新鮮市場マップ(東山商店街)
   http://kobe-shinsenichiba.com/higashiyama/


プロフィール

プロフィール画像
一般財団法人日本蓄音機倶楽部
オーディオ文化史研究家の品川征郎氏所蔵の膨大なレコード盤と蓄音機を全国の皆様にご紹介する財団で、蓄音機を用いた教育や蓄音機ミュージアムの設立などを目指しています。
事務局所在地
宝塚市長尾台
創設者
品川征郎
代表理事
梶山泰男
理事 事務局長
水野充博
理事
古澤和広
監事
尾崎瑞穂
顧問
明石尚武
Japan Audio Collectionとは
財団創設者の品川征郎氏が1970年から蓄音機やSPレコードの普及活動を目指したもので、一般財団法人日本蓄音機倶楽部はそれを継承する財団です。

9 Weblog/ ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
アクセス数
ページビュー数