地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ブログ

2017年4月28日 10時50分12秒 (Fri)

精麦機設計

水曜日はお稽古で見学に白鳥さんがこられた。
彼女は若い頃ピアノ、琴、三弦などをされていて
生田流の名取さんでもあったとか・・・
やはり琴に向かう姿勢が違うなぁ・・・と。

あと参加者はテーラー、東子さん、渡辺さん親子、邦美さん、和子さん。
まずまずの参加者だった。
10時まで飲んでお話して散会。

木曜日は休みなので朝から精麦機の設計をみっちりやった。
古いプリンター(プロッタ)が壊れて使えなくなっていて困っていた。
そこで一計を案じてCADデータをDXF変換して普通のプリンタで打ち出せないかとソフトを探した。
そしたら見事にフリーソフトがあり、DLしてテスト。
A4サイズの見にくい図面ではあったが、なんとか使えそうなので出費しないですむ。

機械は玄麦の外殻をまず剥くことができなければならない。
そしてできることなら同じ機械で製粉とおばこ麦(吟醸麦)を作れたらベスト。
だいたいの構想がまとまって一か月以上経過したので頭の中では機械は出来上がっている。
あとはそれを図面化して、加工屋さんにお願いすればいい。
予算30万円ほどでなんとかしなくては・・・と気合を入れている。

連休はこの設計作業に100%打ち込む。


2017年4月26日 12時22分52秒 (Wed)

久々の図面・ジャズライブ

昨日は休みだったのではじめから精麦機の設計をやろうと決めていた。
午前中はけっこうみっちり図面が描けた。
お昼にこなやに2人の来客。
一人は前にイベントしたときに忘れ物して取にこられた女性。
もう一人はあっちゃん(開業医)が大麦粉を買いに。

お昼過ぎに洸太郎と堀先生がトヨタ86でやってきた。
すれ違うことはあっても目の前で86を見たのは初めて。
やはりカッコいい!
水平対向エンジンなのでボンネットが低い。
BMWを意識したデザインがいい。

彼らの用向きはビールのボトリング。
先日一次発酵が終わっていたヤツを小瓶に詰め直した。

夜は明石のポチで定延夫妻たちのジャズを楽しんだ。
ベースはプロのベーシスト、三原さんだった。
25日は給料日なので(こじつけ)赤ワインをボトルで吞む。
2時間半ほど楽しんで明子の運転で帰宅。

もう少しで図面が仕上がる。
頑張ろう!
 

2017年4月24日 9時40分15秒 (Mon)

お話会・あんでるせん

4/20は朝から「伊勢の神話がたりの会」で24人集まった。
祥平さんは前泊で、宗芳さんは8:38西神中央着で。

12時にお開きになってからたつ巻寿司を食べて懇親会が大盛り上がり。
img_20170424-094257.jpg
img_20170424-094307.jpg
夕方には皆さん帰っていかれたので翌日は九州に向けて7:30には出発した。

一般道で2号線をどんどん西へ。
ほとんどの町はバイパス化した2号線はとても走りやすかった。
しかし広島市内はまだバイパスば無く、時間がかかった。
一番大変だったのは長府市内から関門トンネル方面に右折する交差点がバカ混み。
ひとつの信号で30分もかかるというのは行政の怠慢以外ない。

小倉市内まで一般道を走ったが、博多まで70KMは都市高速を利用した。
道中ネットで宿を探し、目的地(美野島)にシェアハウスを見つけていてそこに宿泊。
夜食はシンシンという博多ラーメンの店。トンコツだったのでちょっと好みに合わず。
朝、海神(わだつみ)商会を探してオーナー夫婦とご挨拶。
優しそうなご主人と愛想のよい奥様。
ここはこなやの大麦(丸麦)を販売してくれている。

8:30出発して高速で長崎は大村湾東北のあんでるせんを目指す。
1時間半で到着し、11時開店までを車内で過ごす。
img_20170424-095617.jpg
img_20170424-095628.jpg
7〜8人店の前で開店を待っていたが、2台のバンに分乗した団体20人ほどがやってきた。
30人限定のパーラー内は定員オーバーの32人で超満員。
子供連れはアウトらしかったが3人の子供(幼児)が許可された。

私はまずいと評判のカレーを注文、家内はミートソース(スパ)を。
どちらも810円。
私は特別席だったので1300円以上の注文が必要らしくビールを注文。
ビールは早く持ってきたがスパは12:00、カレーは12:30に持ってきた。
これも噂どおり。
カレーもスパゲッティもまずいというウワサだったが、昔懐かしい味で私はOK.
料理は全部マスターが作っている。

さて、14:25になってマスターが登場。
拍手棒をカチャカチャ言わせて拍手を求める。
私は耳がかなり悪いので軽妙なマスターの喋りが聞こえなかったのが残念。

特別席というのは申込みの順番で5人までが最前列に座って楽しめる。
私は5番目、明子でもよかったが明子は二列目でいいという。
ところがその日は最前列に6人座った。なぜ??

さて、いよいよショーの開始である。
まずショーケースからリング(指輪)を取り出して手の平に乗せる。
前列の客に「指輪を傾けるので角度を指定してください」と言う。
客は「35度」と言うと手の平で指輪が持ち上がって35度で止まる。
更にマスターが空いた手で起こす仕草をすると直角まで立った。

次にその指輪を小瓶に入れ、蓋をし、同じように手で起き上がる仕草をすると
クルクル回ったり立ったり・・・(拍手)

次に客2人から指輪を借りて同じことをやってみせる。
自分の指輪に仕掛けが無いことを証明。
さらにそのふたつの指輪をマッチ箱大の箱に入れて横に振っていると突然音が消える。
箱から指輪2個が消えた。

マスターは前からテーブルの上に置いてあったチャックの付いたサイフをあける。
中から鎖につながったひとつ目の指輪が出てくる。(拍手)

どうやらもう一つは自分の首からぶら下がっているペンダントにあるということを説明したのだろう。
首の下に手を入れて鎖を引き出すと、その先に指輪(拍手)

次は客に千円札を出してもらい、指先に立ててみせる。
客にさせるができない、当然だ。

積み木のような木片をテーブルに立てて手を差し出すと木片は倒れる。
飛ぶように倒れる。

サイコロを客に渡しで上の数字が何かをマスターが当てる。
サイコロはマスターには見えない。
廻りの客が拍手。

裏向けのトランプから1枚のカードを選んで元に戻す。
山を二つに分け、山をおもちゃの犬にかがす。
ひとつの山で下を出して犬が反応。
山をだんだん少なくしていって最後に2枚になり、その一枚に犬が反応して当てる。(拍手)

トランプの一枚のコーナーを破ってちぎった小片を客に預ける。
ちぎった残りのカードを山に戻し、クロスに輪ゴムを掛ける。
そして左上壁にかかっていた額縁に目がけてカードの束を投げつけると
それまで何も入っていなかった額縁にちぎれたカードが入った(拍手)
客の小片を額の中のカードに合わせて同じカードなのだとみせる。

携帯(スマホ)に客から預かった500円玉を乗せ、
パンと叩くと500円玉が中に入ったように画像が傾斜に沿って動く。
パンと叩くと500円玉が出てくる。

客から預かったコインが大きくなったり小さくなったりする。

マスターの後に貼ってある食べものメニューから客が指定したハンバーガーを取り出す。
メニューの写真が消えて本物に変る。

コーラのペットボトルを取り出して帯に巻いているラベルを叩くと瓶の中に入ってしまう。

空の紙袋を開けて中を見せる(何もない)
マスターが気合を掛けると中から卵が1個出てくる。
客に1000円札1枚を借りて番号をメモさせる。
そのお札を少し丸めて透明のチャックのついた袋の中に玉子と一緒に入れる。
上空に投げて受け取ったときにお札が消えている。
卵を割ってグラスに中身を落とすと、丸まった千円札が・・・(拍手)
ドロドロに濡れた千円札の番号をメモと照合(拍手)

あとはトランプのマジックが続くが省略。

前列の女性客におみくじ状の竹片を引いてもらってのマジック。
竹片には番号がふってあって1〜32の来客人数に合わせたものらしい。

歌手や俳優の顔写真9枚を並べてA~Iの番号カードを写真に添える。
番号の当たった客に好きな人の順番に5人を選ばせアルファベットを紙に書かせる。

その順番、俳優がピタリと当たる。

次に番号に当たった人は奥さんの名前を言い当てられて驚く。
隣の若い女性は紙に付き合っている男の名前を書かせる。
私は隣で見ていた。
姓は3文字でちょっと難しい名前だったので忘れたが下の名前は「かずき(一樹)」

書き終えないうちに「かずきさんですね、漢字は一と樹木の字で姓は〇〇〇」

続けてその男性はあなたに相応しくありませんから別れてください、次に新しい男性が現われます。名前もわかっている」という。女性は半泣き・・・

次に当たった年配男性に「あなたは絵を描きますね?この紙に絵を描いてください」と紙切れを渡す。
男性は四葉のような絵を描き、短い軸も書いていた。
マスターは脇の財布から小さい4つに折った紙を取り出し、皆に見せた。
そこには当てられた男性の姓名がきちっと書かれていて「○○さんがきょうここに来ることはわかっていました。そしてこの絵を描きます」とあり、男性が描いた絵とまったく同じ絵がそこに描かれていた。そかもマスターのサインと書いた日付、時間(早朝)まで記されていた。(拍手)

次に客が引いた番号は7番でなんと明子だった。
それまでにも好きな数字を客に書かせて当てられた人は居た。
明子にも好きな数字を書かせた。
明子は81と書いた。
マスターは明子が書いているときすでに
縦20センチ横30センチの白板に縦4個、横4個、合計16個の数字を書いた。
まるで81が分かっていて楽しんでいる様子。

なんとそのランダムに見えた数字は
縦4個、どの列も足すと81に!
それだけではない。
横の4列もすべて81に!
斜めの2列、4隅の4個、真ん中の4個、そのどれを足しても81になった。

マスター「81ですね」(拍手)

次に当てられた日女性。
マスターは電卓を最前列の女性に渡し、表示板をバンドで目隠しした。
はじめ一桁の数字を、2番目は2桁、
3人目は3桁、それぞれ足してもらって4人目は4桁を引いてもらって私のところにきた。
4桁の数字を足せという。
私は置数だけして足さなかった。
バンドを外したので私の置数が見えた。
マスターは合計キーを押したようだった。

出てきた数字を読み上げて当てられた女性は絶句した。
なんと生年月日だった。

昔流行ったルービックキューブ2個を取り出した。
(わざと)不器用に回して面を合わせていく。
客にもやらせ、6面揃ったものをバラバラにさせる。
ひとつを手にしてもうひとつをじっと見つめて「8秒」という。
ストップウオッチを8秒にセット。
8秒で合わせるというのではなく、もう一つ、手に持ったキューブを同じ柄にするという。
しばらく両方眺めていて、あとは頭の上に持って行き、ストップウオッチスタート!
まったく見ないで8秒後にポンと二つ並べたら同じ柄!

次にこれはマジックではない、よく見ておいてね、とその一つを上からたたいたら
一瞬で全面が揃った。1秒の早業だった。

次が私が今回どうしても見たかったマジックのネジ回し。
棚から取り出した小ねじ(真鍮の六角ボルトで6mmX50mm)を
まず客にナットを真ん中より奥までねじこませる。
次に手の平に乗せると微妙に動きはじめてナットが高速回転して外れた。
次にまたナットを客にねじ込んでもらい、小瓶に入れて蓋をする。
ボルト・ナットは小瓶の中で少し動き、ナットが高速で回り、ぽろっと外れる。
(拍手)

五寸釘を親指と人差し指でつまんでしばらくすると曲がってくる。
そしてまた真っ直ぐに戻す。
スプンとフォークを手の平の上で曲げていく。
客にフォークの先を握らせて念を送ると手の中でフォークの先が怪しく曲がっている。

スプンを口にくわえると少し白煙があがり、先がちぎれてかけている。
それを噛み切って飲みこんだ。
客から預かった10円玉を口にくわえて噛むとパキっと音がしてちぎれた。
預かった客に確認してもらって「このままでは罪になるので戻します」と
口からちぎれた小片を女性の持つものに合わせて元通りにする。

客から預かった5円玉の穴に輪ゴムを通す。
そしてまたそれを抜く。
100円玉や500円玉にツマ楊枝や箸やサインペンを突き刺してしまう。
お札に100円玉を直角に当てて半分表、半分裏にコインが・・・
そのコインは移動するがお札は無傷。

まだあったかもしれないが、2時間半のあいだ釘づけになって楽しんだ。

 

あとは黒川温泉に浸かって翌日耶馬溪経由で帰ってきた。
走行距離1500KMの旅、最高!!



 


2017年4月19日 13時31分11秒 (Wed)

はりまらんちんぐ

18日(火)は午後から加古川で表記の異業種交流会があり、毎月参加。
昨日は家内が姫路の染色ワークショップに参加したので一人で参加。
このはりまらんちんぐも昨日で50回の節目。
それもあって36人もの参加があった。
img_20170419-133354.jpg
いつも大麦を買ってくれる人は決まっていて、昨日も粉3、粒3販売。
参加者が多い割には売れなかった。
パネラーはキッコーマンの高砂工場から販売のエキスパートがやってきてプレゼン。
流石に立て板に水のごとく説明していく。
声もマイクなしでよく通っていた。
img_20170419-133813.jpg
会場の様子はこんな感じで・・
img_20170419-133906.jpg
帰りにシンガーソングライターの梅谷さんとツーショットしていただく。
img_20170419-133941.jpg
参加費1000円で食事付なのでコスパはいい。
また来月参加しよう。

今夜は稽古、そのあと飲み会。
明日は第二回「伊勢の神話がたりの会」でこなやに30人近く集まる。
黒住教令嗣もスピーカーとして参加。
山田祥平さんの語りを楽しもう。

そして21日夕方から23日までは福岡、長崎、熊本を回って帰ってくる。
メインの目的は長崎にあるパーラー「あんでるせん」でのマジックショー。
噂がすごいのでやはり自分の目で確認したい。
帰りに黒川温泉でゆっくりして・・・・
そんなわけで車で春の小旅行を楽しんでくる。

 

2017年4月17日 11時56分02秒 (Mon)

ビール試飲会・同期会・春季例大祭

14日(金)は会社が終わって洸太郎を迎えに行き、
量販酒屋に寄ってビールを仕入れ、行然庵で自然米酒を買って帰る。
7:30ぐらいから試飲会を始める。
明子はアテをいろいろ作って準備してくれていたので一応の面目は立つ。

まず帰ってみると荒木君がすでに到着。
そしてテーラーと東子さんがやってきた。
りんかさん、あっちゃんも揃ってだんだん盛り上がる。
白鳥さん、遅がけにあっきぃもやってきたが車だとか。
延々12時まで騒いで洸太郎は泊まって帰った。

15日は発芽していた大麦3Kgの焙煎をした。
いずれマッシングする。

午前中に和子さんが和裁にやってきた。
昼過ぎ洸太郎を送っていく。

3時になったのでバイクで岡山に向かう。
県庁筋西側沿いの「一楽」での高校時代のクラス会。
同じクラスではなかったが、いつもこの会へ誘われるので参加。
9:30まで付き合って帰宅したときは12:00.
かなり寒かったので風呂に入って寝る。

翌日16日(日)は京都宗忠神社春季例大祭。
7時半に出発、一般道を篠山経由で10時に到着。
13:00からの祭典に私は篳篥、明子は太鼓で参加。
直会が終わったときは5:30になっていた。


きょうは会社で仕事中。
明日は午前中会社で午後はりまらんちんぐ(異業種交流会)。
今週はいろいろ行事がある。
 



ニックネーム
けんさん
性別
男性
血液型
B 型
自己紹介
NPO「食救研」のお力をお借りして「こなや」の開業にこぎつけました。
当面は生大麦粉と生娘麦(おばこ麦)、塩麹などの販売を行ってまいりますが、
ゆくゆくは大麦を使ったお菓子なども扱ってみたいと思っていますのでご贔屓よろしくお願いします。
趣味
・吉備楽(琴・横笛・篳篥)
・ゴルフ(スコアは95前後)
・旅行(海外・国内)
・温泉
・ジャズライブ
・バイクツーリング
・フェイスブック
・パソコンで音楽作品を作る
・映画鑑賞
特技
和楽器演奏
職業
技術屋(メーカーの開発担当・・・現役)
座右の銘
難有り有難し

大麦の栽培

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

こなやニュース

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数