チャットレディ

最新情報

2015年3月27日 17時15分 (Fri)

★対向車のヘッドライト、まぶしくありませんか?

立体ライン
img_20150327-161721.jpg

いつも当ホームページをご覧頂きありがとうございます。
だいぶ暖かくなってきた今日この頃ですね!
これからの季節、春の陽気に誘われ、そしてレジャーにと、これまでと比べて外出の機会も徐々に増える事でしょう♪
そして . . . 、それに伴い
“まぶしさ”を感じるシーンもきっと増える事と思います。

そこで今回の最新情報、そんな季節にふさわしい特殊機能レンズをご紹介したいと思います。
・日中の日差しがやけにまぶしく感じる
・パソコンやテレビのディスプレイによる眼精疲労が気になる
・夜間の対向車のヘッドライトがまぶしい
・白内障からくるまぶしさが気になる
このような症状をお持ちの方は、ぜひご一読下さいませ。


その特殊機能レンズ、どのようなレンズかと言いますと、
“まぶしい光を優しい光に変えるレンズ” です。
と言っても、【ソフトカラーレンズ】や【偏光サングラス】のようなレンズカラーでの減光作用によるものではなく無色なのにまぶしさが和らぐ、そんなレンズです。(勿論、カラーも同時に入れて相乗効果を狙うとより効果的です!)

レンズのしくみをシンプルに解説すると。
「レンズ内面に施した【ネッツペックコーティング】によって眼に優しい光だけを透過させ、
まぶしさを抑制する」
、というもの。
立体ライン ネッツペックコーティングとは? 立体ライン

半透明で六角形状の特殊金属を、最適な大きさと間隔でレンズ内部に無数に配したコーティング(通称ハニカムコーティング)。(コーティング部の間を透過した光が水の波紋のように広がって干渉を起こし、木陰のような雲膜現象を発生させ、光のまぶしさ和らげ優しい光だけを眼に届けます。)
img_20150327-135303.jpg

 
img_20150327-104711.jpg雲膜現象・・・例えば、太陽を直接見ようとしても眩しくて眼を開けていられませんが、木陰の下からだと鮮明に眺めることができます。
このように、木陰が太陽光を分散しやさしい光だけを眼に届けてくれる現象を
「雲膜現象
」(うんまくげんしょう)と呼びます。


 
実際のレンズを観察すると、このような感じです。
img_20150326-194220.jpg 矢印 img_20150326-194333.jpg
レンズ表面
拡大すると
レンズの反射部分を見ると、
よりはっきりハニカム模様が確認できます。

 
 
イラスト入りアイコン お取扱いの商品はこちらです! イラスト入りアイコン
img_20150327-132737.jpg img_20150327-132756.jpg
b.u.i[ビュイ]
ー 青山眼鏡 ー
Revra[レブラ]
ー サクサンオフプティカル ー

・透明なメガネレンズでも、眩しさ軽減  ・コントラストを高めて、輪郭すっきり
・涙の減少を抑えて、ドライアイをサポート  ・違いがわかる、パソコン作業・夜間ドライブ
UVカット撥水コート標準装備  ・白内障・光過敏の方にもおすすめ


青山グループb.u.i事業部のページ(お客様の声も掲載しています)

※効果の感じ方には個人差がございます
イラスト入りアイコン


店頭にはサンプルレンズをご用意しております。
ぜひ店頭でもご体験下さいませ。
そして詳しくはスタッフまでどうぞ☆
  
キラリポイント ご来店、心よりお待ちしております キラリポイント

最近の記事一覧

最新情報

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031