横浜市地球温暖化対策推進協議会

img_20170130-001124.jpg
★市民・事業者・NPOの皆さん、地球温暖化防止活動に、
                     ご参加下さい!

横浜市地球温暖化対策推進協議会は、横浜市、市内事業者、NPO等の団体、個人約200団体・個人が参加して「横浜市地球温暖化対策実行計画」の実現にむけて活動を推進しております。
会員になって私たちと一緒に活動していただける方を募集しています!
※「地球温暖化対策推進協議会」は、地球温暖化対策の推進に関する法律第26条に定められている登録任意団体です。
last update 2017.7.27

img_20170206-182046.gifお知らせ

new環境省実証モニーターへの参加のお願い【緊急大募集】
(詳しくはこちら


力発電&三菱みなとみらい技術館親子見学会を開催しました。
平成29年6月25日
風力発電&三菱みなとみらい技術館親子見学会を開催しました。
親子が参加できる様に日曜日に開催したので、
55名の募集に180名の応募でした。(詳しくはこちら
img_20170628-154957.png


■横浜市が「横浜市気候変動適応方針」を策定しました。

 近年、集中豪雨や異常気象など、気候変動の影響と考えられる大規模な災
害が国内外で発生しています。
気候変動の影響に対応し、被害を最小化・回避する「適応策」を位置付けて、
これまで推進してまいりましたが、このたび「横浜市気候変動適応方針」を
策定しましたので、お知らせします。
資料はこちら!
↓  ↓  ↓  ↓
http://www.city.yokohama.lg.jp/ondan/plan/#適応方針


■会長松本真哉による、講演会のお知らせ(2017年6月26日)
くわしくは、(会員事業者・団体からのお知らせ)ページをご覧下さい。


■第36回横浜開港祭2017(62日、3日)
ランドエリアにて「エコキッツパーク」に出展します。
エネルギー・リサイクル・海・緑など地球温暖化を防ぐために出来る事を
楽しく学ぶ体験や工作等を実施します。皆様のご来場お待ちしています。
■協賛・出展
横浜市地球温暖化対策推進協議会・横浜市
日天株式会社・株式会社ロフトシステムズ
株峯ヨコハマ

■参加団体     
・NPO法人ソフトエネルギープロジェクト  
・太陽光発電所ネットワーク神奈川地域交流会
・一般社団スマートウィメンズコミュニティ 
・のじま自然観察探見隊
・美織会
・公益財団法人横浜市資源循環公社                   
・海藻落ち葉協会
・横浜温暖化防止推進員会議
・中山学院サイエンスフロンティアクラス

★別な場所にて横浜市役所環境創造局の水素自動車MIRAIも展示します。
当日問い合わせ先事務局長佐藤 090-1206-6370


平成29年度通常総会を開催しました。←クリックでリンクページへ
平成28年度事業報告 及び 平成29年度事業計画は承認されました。
平成28年度 事業報告 全20ページの内、(1-10ページ)・(11-20ページ)
平成29年度 事業計画 (詳細は、こちら


3月17日10時から、協議会の幹事会を開催いたしました。
総会に提案する「28年度の事業報告・収支計算書、29年度の事業計画」が事務局から提案され、
幹事会の了承をえました。
・総会は5月末の予定です。決定しましたら、HPにも掲載いたします。
アースアワー2017「旅するパンダ」に参加しました。
幹事全員で集合写真を撮影して、アースアワー2017「旅するパンダ」に参加しました。
60体のパンダのぬいぐるみが、アースアワー親善大使として、日本中をリレーする
「旅するパンダ」の展開をしています。参加したい団体等はご連絡ください。
詳細は(こちら
img_20170318-110011.jpg  

3月28日親子見学会「風力発電と鶴見ごみ焼却工場見学」
終了致しました。

抽選を実施して当選・落選・補欠のはがきを昨夜ポストに投函いたしました。
詳しくはFacebookを見てください。
img_20170318-101230.jpg
申込締切 3月16日必着
こども小学生以上 抽選55名
☆☆大人のみの応募も可能(ただし親子多数の場合親子優先)
参加費1人700円
申込方法往復ハガキ  参加者名(4名まで可)、代表者住所、電話番号
詳しくは3月号市のたよりを見てください。!
詳細:(チラシはこちら

2017.2.22 実施
new省エネパンフレツト「地球に優しい暮らしを選ぼう」を作成しました。
大型台風や豪雨、豪雪、そして強風ー地球温暖化は待ったなしの状況です。
★このまま行くと後30年で二酸化炭素は出せなくなります。
★2100年の東京・横浜の温度は約44度の予想も(ipccの予測より)
詳細:(チラシはこちら
img_20170302-123948.jpg
★グループや団体で学習会等するときにお使いください。
ご連絡いただければ説明にも伺います。

2017.1.28 実施
new風力発電(ハマウイング)とNICEスマートウィルネス体感
                     パビリオン見学会報告

詳細:(報告書はこちら

2016.11.12 実施
new道志村水源林取得100年記念間伐・散策体験報告
詳細:(報告書はこちら

img_20170203-234517.gif開催日時 1月28日(土)戸塚区講座

終了致しました。
講座内容:講演と燃料電池車MIRAI試乗体験
講演:記者の目から見た台風・ゲリラ豪雨等の自然災害の現状と対策
詳細:(チラシはこちら)    
講師:渡辺歩氏−神奈川新聞記者        
2004年の新潟県中越地震、2007年の新潟県中越沖地震、2011年の東日本大震災などの被災地を取材。
報道部遊軍減災新聞担当。
☆燃料電池車MIRAI試乗体験あり 講座終了後1時間程度(※職員が運転します)
参加申込書ダウンロードは(こちら
学習会のようす(こちら)

img_20170206-181912.gif12月3日(土)港北区講座

終了致しました。
講座題目:新横浜日産スタジアム横の巨大遊水地が下流域(港北・鶴見)
の住民の浸水被害を防いでいるのを知っていますか。
講演内容:
(チラシはこちら
新横浜日産スタジアム横の巨大遊水地が下流域(港北・鶴見)
の住民の浸水被害を防いでいるのを知っていますか。
基調講演:温暖化豪雨・水災害時代を生きぬくための適応と戦略
講師::岸由二氏(鶴見川流域ネットワーキング代表理事 )
参加申込書ダウンロードは(こちら

img_20170206-181943.gif11月26日(土)青葉区講座

終了致しました。
講座題目:講演と日産自動車超小型車『チョイモビ』試乗体験会
講演内容:
講演:巨大化する台風・ゲリラ豪雨時代を生き抜くには!

(チラシはこちら)    
講師:渡辺歩氏−神奈川新聞記者        
東北の地震以来神奈川新聞に毎週土曜日に減災に関する記事を書き続けて5年。        
最近は自然災害についても執筆多数          
☆・終了後チョイモビ試乗体験あり
参加申込書ダウンロードはこちら

img_20170206-182001.gif道志村水源林100年記念事業バスツアー

多数参加いただき無事終了することができました。

img_20170206-182046.gif台所油田プロジェクトの取り組みが11月4日 神奈川新聞 社会面に掲載されました。

詳しくはこちら

img_20170206-182110.gif区民祭り等のイベントにおける省エネ・新エネ普及啓発一覧。

詳しくはこちら