地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年08月 アーカイブ

2012年8月30日 13時22分10秒 (Thu)

がまだす花火大会、島鉄臨時便等情報

本日、開催されるか心配なんですが予定では開催される「島原温泉がまだす花火大会」

今年も島原鉄道では列車・バスで延長運転や臨時便の設定があるので紹介いたします。

 

(鉄道線)

・定期列車延長運転

※1.諫早(16時39分発)→(各駅停車)→島原外港(17時55分着)・・・127レ列車

 2.諫早(17時00分発)→(各駅停車)→島原外港(18時13分着)・・・129レ列車

※3.諫早(17時23分発)→(各駅停車)→島原外港(18時40分着)・・・131レ列車

 4.諫早(18時02分発)→(各駅停車)→島原外港(19時11分着)・・・133レ列車

 5.諫早(18時23分発)→(各駅停車)→島原外港(19時38分着)・・・135レ列車

※6.諫早(18時42分発)→(各駅停車)→島原外港(20時01分着)・・・137レ列車

(※マークは、南島原行きの延長運転)

・臨時列車

1.島原外港(21時50分発)→島原(21時57分着)・・・臨時便

2.島原外港(22時05分発)→諫早(23時24分着)・・・臨時便

3.島原外港(22時19分発)→島原(22時26分着)・・・臨時便

 

(バス路線)

(1)島原駅→島原港方面(定期)

18時10分 18時15分 18時30分 18時35分 19時00分 19時08分 19時20分 19時25分

19時33分 19時35分 19時55分

(2)アリーナ入口(バス停)→島原港方面(定期)

18時00分 18時23分 18時32分 18時47分 18時55分 19時26分 20時01分

・臨時便(全て21時30分頃出発)

多比良港(雲仙市国見町)行き・・・1台 島原駅行き・・・2台 宇土・三会行き・・・1台 

白土方面萩ヶ丘・辰元口行き・・・1台 須川港(南島原市西有家町)行き・・・2台

 

以上が、島原鉄道発表の臨時便等となっています。

次に、このダイヤの特徴まとめです。

 

(特徴まとめ)

1.列車について

・諫早に23時台列車の設定がある(上りのみ、下りは回送となる)

・3両編成の運転がある可能性が高い。

2.バスについて

・21時30分以降のバス設定がある。

 

以上が、この臨時便の特徴です。

なお、もしかしたら本日は雨のため延期か中止も考えられるので、撮影する際は天候情報や開催情報に注意するようお願いいたします

また、外港やその他撮影スポットでは混雑が考えられるので、撮影する際はご注意ください

また、車で来られる際は交通規制や駐停車時のルールを守って花火大会をご鑑賞ください。

画像は昨年の花火大会の様子。写真が下手なのはご了承ください。


2012年8月27日 23時42分41秒 (Mon)

考えてほしい!島鉄の大切さ!

 島鉄はピンチである。

島鉄は現在赤字であり、もちろんのこと経営もよろしいとは決して言いづらい状況下にある。

そんな島鉄を追い込むかのような発言があった。諫早出身の県議会議員がこういったのである。

「島鉄を廃止にしてしまえばいい」

諫早とその周辺は道路の開発が現在盛んであり、特に森山町では「愛野森山バイパス」の工事が進んでいる。

また、国道も工事は始まっていないものの拡張工事の計画がある。

そんな中、国道の拡張計画で「道路のための土地がない」という問題点が上がり、それに対しての答えが上の物であった。

正直ショックとでも悲しいとも言えない、むしろそれ以上の衝撃が私にあるのであった。

島鉄をあまり知らないような人間がいったのならば、徹底的に批判するが、諫早出身という島鉄の走るまちの出身である人がそんなことをいったのだ。

島鉄については全く知らないというわけではない人がいったことは、とても衝撃であった。

島鉄の社長である本田氏も元は県の役員である。

正直、私は改めて感じた。「やはり島鉄は県のお偉いさんより地元民が動かさなければ消えてしまう」と。

島鉄は窮地に立たされている。

なんとかしないと本当に島鉄の列車・・・いや、会社ごと歴史の片隅に消されてしまう。

島鉄は永遠に永遠にと残していかなければいけない財産ではなかろうか?

「考えすぎ」「意味が分からない」なんていってくれたっていい。私はただ「島鉄は残しておくべき財産である」と思う。この思いは変わることはない、いや、変えない絶対に。

写真は小麦の収穫が始まろうとする梅雨前の森山平野にて。

(2011年6月4日撮影 釜の鼻〜森山にて)


2012年8月25日 21時36分24秒 (Sat)

現在減少中!日野ブルーリボン旧塗装

島鉄のオリジナル車両では代表的な車種といえば日野の名車、ブルーリボンです。

初期のブルーリボンで、1扉という構造で車内も座席にどことなく高級感を感じます。

そんなブルーリボンも最初は観光バスで見られるような塗装(以下 旧塗装)をしておりましたが、ワンステップ車などの新車導入や中古車の大量購入などと同時に塗装も今のような白地に3本の赤い帯が入った塗装となりました。

現在でも進行中で残るは「か2498」「か2499」の2台となりました。先日もラッピング車両が塗装変更を実施、1台も塗装変更されていくようですという情報が。

撮影するならお早めに。

ちなみに、上が旧塗装、下が新塗装です。新塗装といえど、実は昔の塗装のリメイクでもあるんですけど・・・。



島鉄情報局

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

うみみちの日々徒然

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販