地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2012年09月 アーカイブ

2012年9月15日 16時59分12秒 (Sat)

いったい何語!?おこんご

 前回と同じく口之津町にある「おこんご」バス停の紹介です。

不思議なバス停の名前でですが、由来は多分バス停周辺の地名なんでしょうが、おこんごとはどういう意味なんでしょうか?

パソコンで打ったら「御今後」なんて出てきたんですが、関係はないでしょうね。

路線図にも書いてある場合が多いので、見つけてみてください。

なお、バスは1日10本にも満たない程度の本数なので、ご乗車する際は注意してください(口之津、または東方バス停から歩いていくと20分くらいかかる)

私も炎天下の中歩いていきましたが、このバス停は虫たちが住み着いており虫にとってはユートピアですが、私にとっては居心地がいまいちといった印象もありました。

不思議な不思議なおこんご。

ぜひ、皆さんも行ってみては?

 


2012年9月14日 22時39分00秒 (Fri)

口之津にて弾幕シューティング!?東方バス停

まず、はじめに「東方」についての説明を。

東方とは、東方神起のこと・・・ではなく、ZUN氏率いる東方projectのことで、ゲームの他、本やCDもあり、 色々な分野にて話題になってるもののことです。

キャラクターの種類も豊富で・・・詳しくはウィキペさんにでも聞いてみてください。話が長くなってしまいます。

弾幕シューティングとは、攻撃(弾道てきなもの?)が幕のように過密かつ逃げれないのでは?というような難しい分野のゲームなんです。

さて、そんな東方バス停が口之津にあります。

口之津営業所の次と言うことでか、結構ひっそりとしていますが本数も多い方なので利用者もまあまあ居るようです。

もちろん周辺は平穏であり、弾幕が飛び交っている様子はないようです。

分かりづらい人には分かりづらい記事でスイマセン。しかし、島鉄には面白いバス停があるので特集していきますね。


2012年9月10日 23時26分11秒 (Mon)

近鉄バスからの転属車

昨日、島鉄バスに近鉄バスの譲渡車が来ていたという速報をお届けいたしましたが、それの詳細版です。

昨日、島鉄バス島原営業所内にて3台の島鉄では見られない塗装をしたブルーリボンが止まっていたので観察していますと、近鉄バスからということがわかりました。

画像はその3台です。

昨日見に行った時は、1台が検収庫手前にて後輪のカバーを外された状態にて止まっていました。1台は、側道沿いの駐車スペースに止まっていまして、間近に観察することが出来ました。もう1台は車庫の奥手、島鉄タクシーの営業所から見える位置に止まっていました。

見てみる限り、1台がカバーを外されていたり、ナンバーや幕が外されている以外は近鉄バス時代のままでした。

近鉄バスといえば、青と黄色の格好いい塗装をしておりまして、個人的にはお気に入りです。

形式は前回の記事を見れば分かると思いますが、この車両は島鉄としては初めての車両となります。

島鉄の日野ブルーリボンとしては初めての車いす対応車両と言うことです。

どうやら、ノンステップかと思われまして、それは日野ブルーリボンが「ブルーリボンシティ」シリーズとなる前に作られていた、いわゆる後期タイプの車両のようです。

島鉄にはブルーリボンが在籍しているものの、それは中期のものでツーステップ1ドアというバリアフリーとはとても言えない構造となっております。

今回の譲渡車は2ドアで恐らくノンステップと思われるので、最大の違いがそこだと思います。

さて、観察しておりますとバスの後ろに大阪バス協会のステッカーが残っておりました。

これもこちらでは見ることがほとんど出来ないので良い撮影の機会を得られました。

さて、ここから考察です。

この車両はまず導入目的を考える必要があると思います。

私としては、この車両はラッシュ時の増便及び老朽車(か1875など)の置き換え目的で導入されているのだと思います。

か1875も今年で26才という、バスとしてはなかなか長寿になります。

さすがにエンジンなどの老朽化も目立ってきているのではないかと思いましたので、それの置き換え。そして、学生輸送などで賑わう朝夕のバスの増便などが理由なのかと思います。

続いて、運用はどうなるのかと言うこと。

少なくとも、三会線などという小型バス路線に入れないのは当然ですので、朝夕の農高前(島原市)方面や諫早〜島原線。そして、列車代替線に使用されるのではないでしょうか?

雲仙線なども考えられますが、導入されたバスは大阪という町中で使用されていたバスですので、通勤タイプと思われるので、雲仙線という観光路線よりは、列車代替線などのラッシュで賑わう路線に充当されるのだと思います。

最後に、いつから運用開始と言うことですが。

少なくとも、試運転も行われる可能性はないとは思うので、バスのダイヤ改正がもしかしたら10月に行われまして、その時のデビューとなるかもしれません。

これからが気になる3台の転属車。活躍して欲しいですね!

 


2012年9月9日 23時30分39秒 (Sun)

速報!近鉄バスから3台転属確認

最近、塗装がどうだとかで小さい話題が絶えない島鉄バスに、久しぶりに大きな話題が。

関西の代表的な私鉄である「近畿日本鉄道」こと近鉄の近鉄バスから3台車両が転属して参りました。

元何号車、どこ所属というのは不明ですが、車両は日野のブルーリボンでノンステップ?のようです。 というか、ウィキペディアで合致するような車両がなかったので、あくまで推測にしか過ぎませんが。

ですから、型式はおそらくはKC-HU2PMCEKC-HU2PPCEなのかもしれません。

特徴は、塗装が近鉄時代のままであったことや、3台のうち1台は後輪のカバーが外されていましたが、2台は残っていました(後に撤去する可能性アリ)

また、先述の通りノンステップバスではありますが、島鉄のブルーリボンは1ドアであり、ツーステップ車両であるため、ブルーリボンも導入開始から20年近く経ちましたが、久しぶりに・・・というか初めての新タイプの導入となります。

なお、島原営業所で3台が確認されては居ますが、もしかしたら他の営業所にもいる可能性はないとは言えるので、島原営業所以外での目撃がありましたらお知らせくださいますと有り難い限りです。

運用区間の予測ですが、やはり列車代替区間の運用が第一に考えられます。

また、島鉄バスで最も古い、か・1875(1986年デビュー)と同系列の車両の置き換えも考慮されるので、記録はお早めに。

仮に置き換えられた場合、空港バスには元県営のエアロスターや島鉄オリジナルのブルーリボンが充当されていくことになるのかもしれません。

期待が高まる転属車の活躍。

果たして、今後どうなっていくのか?気になるところですね。

参考資料→//ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%87%8E%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3



島鉄情報局

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

うみみちの日々徒然

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販