地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2015年02月 アーカイブ

2015年2月22日 12時14分11秒 (Sun)

南島原駅、一般公開される

いつもご覧頂きありがとうございます。管理人です。
1度編集したのですが、突然インターネットが動作を停止して編集中の記事のデータが吹っ飛んだので1時間半を無駄にしました。ちくしょう・・・ちくしょう・・・。
さて、今回は南島原駅の一般公開に土日の計2日、午後からですが見に行ってきたので紹介します。
なお、日曜日はあいにくの曇りでしたので土曜日の画像が多い・・・というより、土曜日の画像で紹介していこうと思います。
img_20150222-184251.png
土曜日の午後、学校帰りの学生鞄を持っていた私はそのままの姿で南島原駅に来ました。
なんというか、荷物ぐらい家においてくればいいものを直行してきたので、本当に荷物が重いったらありゃしない。
まあ、そんな私でしたがとりあえず撮影はしました。
まず、仮駅舎側から駅舎の特徴的な屋根の形状がわかるように、列車とぱちり。
img_20150222-184030.png
次に待合室へ向かい、そこでも1枚撮影しました。
img_20150222-184009.png
右手が出札口(窓口)です。出札口は昔ながらの窓に鉄格子がついているタイプで、旅情を感じさせます。ここで一体どれだけの人が切符を買って旅立っていったのでしょうかね。
「すいません。切符を1枚」
「お客さん、どちらまで?」
「〇〇までです」
「〇〇〇〇円になります」
なんて会話が今にも聞こえそうなくらい、まだまだ使えそうなものだったのですがね。
なお、公開時はすでに仮駅舎での営業が始まっていたために、ベンチなども撤去されて普段より若干開放感はありましたが、せめて改修工事の際に封印されたかつての待合室も見られるようになっていたらと思いましたね。どうせ解体するんですから、壁の1枚ぐらい剥がしても大丈夫な気がしたんですがね・・・なんでしょうか、壁はがすと崩れるようになってしまったんですか?

さて、待合室をでまして、次は駅長室に入ります。普段は入れない空間でしたから、なにかあればいいなと思って入ってみました。
img_20150222-183949.png
駅長室には標語が掲げられておりました。
「笑顔で走ろう未来(あす)のため」
「みんなで知恵出し増収対策」
「いつも笑顔で真心挨拶」
img_20150222-183918.png
1番目はともかく、2番目の標語は「やっぱり大変なんだ」と改めて痛感されたものです。島鉄も今の社長さんになってからいろいろなイベントをやるようになって努力している姿勢が見られるようになり地元民としては嬉しい限りです。前社長の存在ははっきり言えば余計だったと個人的には思います。先見性がなかったが故に南目線を廃止して、南島原の人々に今もなお苦労を強いているのですから。南目線も観光列車としてトロッコを加津佐まで延長すれば間違いなく人気列車だったのに・・・。3番目の標語は、ちゃんと守れているか学生としては微妙な感じですね。やっぱり、島鉄の人って学生に対して冷たい人が多いのでこれはしっかり守って頂かないと。もちろんちゃんと守られている方もいらっしゃいますがね。
駅長室にはこんなものもありました。
img_20150222-183854.png
バスのリクライニングシートです!
リクライニングシートといえど、設置場所故にリクライニングできませんでしたが座り心地はよかったです!これはイベントで売って欲しいなあ。まあ、買っても置き場所がうちにはないですが(^0^;)
それにしても、いつ頃のバスのシートなんでしょうね。
そして、これが出札口の裏側。
img_20150222-183835.png
棚が備え付けられていたんですね。いや〜初めて知りました。
この棚から切符の紙や印鑑を出していたんですねえ。私は実のところ、あまりこの駅を利用したことがなくて、あったとしてもフリー乗車券でしたからどんな感じで切符が渡されるかもよくわかりませんでした。へぇ〜・・・こんな風だったんですねぇ〜。
ちなみに、ここの棚からはこんなものが発見されました。
img_20150222-183634.png
時刻表!それも昭和51年のもの!?
昭和51年と言えば、まだ島鉄が貨物走らせたり、国鉄に乗り入れていた・・・言ってみれば島鉄の黄金期の頃です。その頃の時刻表がボロボロとはいえこんなところで発見できるとは思わなかったです。詳しくは別記事で紹介します。ちなみに、この時刻表については私が駅員さんの許可を得てもらい受けることが出来ました。とてもいい収穫です(^▽^)

しばらくしまして、私はホームで地元に住んでいるというお2人の女性の方とお話ししておりました。女性の方は「やはりこの駅舎が無くなるのは寂しいこと」と話しておりました。その後別れ際に女性の方が「こういう出会いも何かの縁かもしれませんね」と話されました。こういう出会いを一期一会というのかもしれませんね。駅というのは、日々新しい物語を作ってくれます。ちなみに、写真はホームの様子です。
img_20150222-183645.png
ロープや立て看板がなければすっきりしていて写真的にはいい絵になるんですが、まあ仕方が無いことなので。
さて、駅のホームには寄せ書きコーナーが設置されていましたが、いつの間にかいろいろ書かれておりました。
img_20150222-183123.png
(※公開最終日に撮影)
「新駅舎期待してます」「ありがとう南島原駅の駅舎」・・・読んでいて涙が出そうになりました。横にいたおばあさんも「なんだか読んでいますと涙が出てきそうですね」とおっしゃられていました。
この駅に別れを告げに来た人々は皆、この駅に価値があると感じていたのだろうと思いますし、やはりこの駅舎を守れなかったことを悔やんでいるのかもしれません。
実際「この駅舎が解体される理由がわからない」という書き込みもありました。

そして、駅舎を離れる直前。私は待合室で撮影してみました。出札口と列車を絡めて撮ろうと思ったのです。
列車は1両でやって来ました。ワンマンの普通列車諌早行きです。
乗客は誰もいませんが、プーッというドアチャイムと共にドアが開きます。
駅員さんはホームの端へと走って行きます。普段は、ジリリリリとベルが鳴るのですが、配電を切ったのでしょうか、ベルが鳴ることはなく、静かに列車は発車していきました。
ベルが無いのは寂しかったですが、まるで普段の光景を眺めているようでした。
当たり前の日常というのは、こんなにあっさり消えてしまうんだなと駅舎を出た私は思いました。でもニュースで見るような「ありがとう!」なんて叫び声がない方がいいですね。去る者を静かに見送るのが、本当の別れというものかもしれません。
img_20150222-183059.png

2015年2月7日 21時16分01秒 (Sat)

約100年間ありがとう!南島原駅一般公開

今何月だっけ・・・と思ってたら2月になってました。月日が経つのは実に早いものです。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。私は・・・風邪にもインフルにもならず元気すぎる毎日を送ってます。

さて、先日島鉄から大きな発表があったのでお知らせいたします。
img_20150207-211813.png
「南島原駅建て替えに伴う関連行事などについて」
島原鉄道は先日、公式ホームページや地元新聞などにて南島原駅建て替えに伴って駅舎を一般公開することや、南島原駅のペーパークラフトを販売することを発表した。また、駅舎の解体記念セレモニーが2月12日午前11時から南島原駅前にて行われるという発表もあった。
南島原駅は、1913年の開業時から使用されてきた木造駅舎と言うこともあり、老朽化やシロアリ被害があった。また、駅裏手では防災事業として道路の拡張整備などが行われる見通しとなったことによる駅施設の一部である乗務員詰め所などが撤去されて移設されることになり、それに伴って今回建て替えられることとなった。

ちなみに、駅舎のペーパークラフトは800円で各有人駅にて発売。なお、バスの営業所では取り扱わないので注意が必要である。

やはり、この水色の駅舎が消えるのは寂しいものですね。
たしかに老朽化してるんだなと感じることはあります。特に駅舎の裏側を見るとボロボロだなと遠くからでも確認できるんです。消えてしまうことは実に惜しいことではあるのですが、老朽化した駅舎で大地震に遭ったら大きな被害になり得ますから、やはり利用者や駅係員の安全を考慮すると仕方が無いと思いますね。
昔の人は「形あるもの、いつかは消える」と言いましたが、やはりそうだなと今回実感しました。
島原の歴史の証人がまた消えてしまうのかと思うと残念ですね。島原市が所有して、「鯉の泳ぐ町」地区などで保存されている木造建築のように保存してもいいと思ったのですがね。まあ、昭和初期の貴重な建物だった島原の旧振興局庁舎をあっさり取り壊して更地同然にするような町ですから、案外島原の観光事業というのは中途半端な気がします。レトロ建築で町おこしをする自治体も多いだけに、その流れに逆行しているのは悲しい。

ちなみに、現在駅舎横には仮駅舎が設置されております。まだ使用は開始されておりませんが、いつでも使用が可能なように大方の準備は出来ているようです。
プレハブ仮駅舎なんて島原外港駅以来久しぶりですね。でもあっちはログハウスみたいな感じだった気がするのでちょいとおしゃれですよね。
とりあえず南島原駅が最期までその美しい姿を見せ続けることを願っております。


島鉄情報局

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

うみみちの日々徒然

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
QRコード
携帯用QRコード
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販