地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

2016年07月 アーカイブ

2016年7月24日 22時51分58秒 (Sun)

ついに確認!島鉄に新たな中古車!

先日、書いた小ネタ集に追記というかなんというか・・・。
掲載を見送っていたネタについて、今回そのネタとなる車両の存在が確認できたので、紹介しようと思います。
雑な内容かとは思います(←いつも雑やで!)が、お楽しみいただけたらと思います。
それではどうぞ。

島鉄に日野の新しい中古が入ってきたと第一報が入ったのは6月30日でした。
「島原市内の日野の工場に見慣れぬ中古がおる」
見慣れぬ・・・とはどういうことかと疑問に思い、早速日野の工場へ見に行くことに。
しかしながら、何度か見に至り通りかかったときに見てみたもののその姿は確認できず、どこへ行ってしまったのか・・・と悩んでいました。
そして、今日ようやくその中古車と対面してきました。それがこちらです!
img_20160724-233753.png
img_20160724-233908.png
なんとそれは西工の96MCでした。確かに見慣れぬ中古です(^0^;)
島鉄バスというのは九州では当たり前に見かける「西工車体」の車両を、平成になってからは一度も導入しておらず(昭和の頃は導入実績はあります)いつの間にか西工車体の車両を1台も保有していないという九州では珍しいタイプの会社となっておりました。西鉄バスと仲が悪いと噂される長崎バスですら西工車体の車両を保有しているのですから、西工と島鉄の間何があったのか気になりますね。
その体制が終わりを告げたのは2007年。鉄道線一部廃線に伴いバスを大量導入する必要がありましたが、県営の中古を引き取ってもまだ足りなく、それに新車も資金不足で導入できないうえに時間もありませんでした。そこで目をつけられたのが長崎バスの廃車群。長崎バスはほぼ毎年新車が入るため廃車もよく出ておりました。そこに目をつけた島鉄は、比較的状態のよさげな車両を何台か購入。そして、その中にいたのが西工車体の車両でした。
img_20160508-193033.png
58MCと呼ばれるこの車体の車両が島鉄に登場したことで、再び島鉄に西工車体の車両が入ってくることになりました。しかも島鉄では珍しくいすゞキュービックということもあって、投入当初は大きな話題となりました。(ちなみに、1台だけブルーリボンも導入されています)
それから9年。西工車体がすっかり島鉄になじんだであろうこの時に、1台だけながらも新しく西工車体の、それも58MCよりも新しい96MCの車体の車両が来るというのは本当に衝撃的な出来事なんです。実際、島鉄では96MCは初導入な訳ですし。

とまあ、長々と喋ったところで詳しく見ていこう・・・と思いましたが、画像から分かるとおり他の車両が止まっていたのでよくわからなかったんです(^0^;)申し訳ありません。
詳しいことが分かれば報告したいと思います。
中古であるのは間違いない(西工は2010年に解散しているので)のですが、どこの中古なのか判断はこの状況じゃ難しいですね。でも、このタイプの中型ロングなら、なんとなく京王電鉄バスが多く所有しているイメージがあるので、京王電鉄バスから来た可能性もありますね。もし、そうならば中ドアがやたら特徴的なはずなので、とりあえず中ドア見て判断できそうですね。・・・まあ、京王とは限りませんが。
とりあえず、島鉄に96MCが来たのは実に嬉しい話。個人的にはあとブルーリボンシティが来てくれたら嬉しいですねえ・・・。
img_20160724-233921.png

2016年7月18日 14時18分18秒 (Mon)

島鉄バス小ネタ集! 6月〜7月編

最近暑くなって、いよいよ本格的な夏となりました。どうやら今日で九集は梅雨明けらしいですよ。嬉しいのか悲しいのかよく分からないですが・・・まあ、雨降った後の蒸し暑さに苦しむ日が減るのは嬉しいですが。
さて、この1ヶ月の間島鉄も熱かったですよ!いろいろなネタがありましたから!
というわけで、今回はそれらを紹介していこうかと思います。

1.か・145、久しぶりの衣替え
img_20160718-154245.png
か・145号車と言えば、島鉄でははじめての「長崎200」ナンバー登録車両であり、福岡〜島原の高速バスで活躍する島鉄唯一のセレガRです。2001年式と高速バスでは年式が古い方になるので、5年以内には高速バスから引退して廃車か特急に転用となるかもしれませんね。
さて、そんな145号車ですが、上の画像のように装いを新たにして活躍を始めました。「ACB(アシベ)」というフリーマーケットの広告バスとして活躍しています。ピンク色を基調としているのがなんとも派手で目立ちますね。
でも、よりによってこれを高速バスにラッピングするのか・・・と正直驚きました。だいたい高速バスにラッピングするならば、このような商業施設のものよりは観光の宣伝ラッピングが沿線自治体に言い影響を与えるのではないかと思います。商業施設のラッピングをするなら、地元の路線バスが良いと思うんですがね。
ちなみに、下画像は衣替え前のもの。こちらもなかなか派手ですね。
img_20160718-143138.png

2.代走ネタ
img_20160718-154257.png
img_20160718-154309.png
img_20160718-154324.png
島鉄は古参車を多く保有している事業者でマニア心をくすぐるものが多いんですが、その分老朽化も心配。
その中でも特に長崎バスのグループは老朽化が深刻。長年山道や海沿いの道を走り続けたからだは限界が近いのではないかと思います。そんな長崎バスのグループの運用に、7月4日、か・560号車が代走しました。
本来使う車両が検査中だったためと考えられますが、車両故障も考えられなくはないと思います。ちなみに撮影日は島原市に民進党代表の岡田克也氏が応援演説のためにいらっしゃってましたし、前日には社民党党首の吉田ただとも氏が選挙カーでいらっしゃるなど選挙運動も終盤にさしかかっていました。
また、最近は検査のためか、島鉄唯一のエアロミディである「か・275」号車が運用を離脱しており、その代走でレインボーやブルーリボンが入っております。275号車は市内線だけでなく、雲仙線や多比良港線でも使用されるなど運用は多岐にわたっていますので車両数に比較的余裕があり、なおかつ山道でも使いやすいような車種が選ばれているのかもしれませんね。

3.か2068は予備車へ、か1096がデビュー
img_20160528-232551.png
img_20160718-154340.png
島鉄の空港線の顔として長らく親しまれていた、ブルーリボン観光顔の最後の生き残りだった「か2068」号車でしたが、先月から「か1096」号車がデビューしたため予備車として島原車庫に留置されている日々が続いています。
このブルーリボンは1987年製のグループで元々「か2067」「か2068」の2台が貸切車としての役割の後に改造を受けて空港特急で活躍していたものです。しかしながら、2067号車は「か1085」号車導入に伴って引退、そして部品などを撤去された後に廃車回送された模様です。
一方、今年になって導入された「か1085」「か1096」ですが、この2台も元々は貸切車でしたが今年になって両車とも改造を受けて空港特急専用車としてデビューしたものです。ちなみに空港線では、かつての高速専用車であった「か2280」号車以来のスイングドア車となっているのが特徴です。
最近は空港線の車両を巡る動きが激しかったのですが、一応これで一段落と言ったところでしょうか。次はダイヤや停留所の見直しも考えてみてはどうかと思うのですがね。「北門」の停車だったり、なんたりかんたり・・・。

4.新たなリエッセ現る
img_20160718-154356.png
島鉄にまた新しい仲間が誕生します。「か1107」号車です。
前事業者は今のところ不明ですが、か・886やか・887とは恐らく違う事業者でしょうね。
島原車庫でずっと止めてあるので島原地区に配属となるかもしれませんが、場合によっては予備車がないと言っても過言ではない口之津ローカルに配属される可能性もあります。
まだまだわからないことが多いですが、デビューが待ち遠しいですね!

※ちなみに、他にも中古車が来たらしいという情報を6月30日に頂いておりますが、まだその存在を確認できていないが故に今回は掲載を見送らせていただきます。


島鉄情報局

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

うみみちの日々徒然

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
QRコード
携帯用QRコード
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販