地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

島鉄列車図鑑

島原鉄道の鉄道車両を紹介します。

現在、島鉄のディーゼルカーはNDCシリーズのみです。

島鉄キハ2501A号車

島鉄キハ2501A号車

現在、島原鉄道の保有する旅客車両では最も古い車両です。
1994年デビュー。新潟トランシス製。前期型もデビューから20年以上が経過し、置き換えの話も出てきてるようです。

島鉄キハ2502A号車

島鉄キハ2502A号車

1994年導入の初期グループの1つ。
ドアブザー音は、2553と同様に従来車よりも音が低い。何故なのかは不明。
1994年登場の車両も置き換えが発表されている(2505A号車の赤パンツは引退前に記念としてされている)ようなので記録はお早めに。

島鉄キハ2503A号車

島鉄キハ2503A号車

平成6年登場の初期グループ。
車体や内装などが2501A号車と共通している。
1号機関車が島原でも活躍したことを知らせるラッピングに2016年9月からなった。ラッピングのために側面のサボやナンバーの位置をわざわざ変更しているという手の込んだラッピングトレイン。

島鉄キハ2504A号車

島鉄キハ2504A号車

島鉄初期グループの一つ。平成6年登場。特に従来車とは変わらない設計となっている。
元「まぼろしの邪馬台国号」であり、なかなか派手な広告列車だった。地元自治体などの補助があったのか?ちなみに「まぼろしの邪馬台国」は島鉄の重役であった宮崎康平氏の作品。

島鉄キハ2505A号車

島鉄キハ2505A号車

諫早駅で発車待ちのキハ2505号車。
平成6年導入グループのラストナンバーです。2016年1月より、通称「赤パンツ」塗装で活躍してますが、平成30年度末に引退する予定です。ちなみに、赤パンツ塗装は9年ぶりの復活ですね。ジャンパ栓も地味に復活していて、こだわりと愛情を感じます。

島鉄キハ2506A号車

島鉄キハ2506A号車

第2次生産グループの車両。
1997年登場。もう20年目か。
ほとんど従来車と変わらない。今は島原ドックの広告車になっていたと思う。広告列車もメンツが安定している。個人でお金を出してやってた人も最初の頃はいらっしゃったのですが。

島鉄キハ2507A号車

島鉄キハ2507A号車

第2次生産グループの車両。
1997年に導入された。
従来車と変更点はないようである。それにしても個人的に遭遇率が最も低いのはこいつのようで・・・。

島鉄キハ2508A号車

島鉄キハ2508A号車

第2次生産グループの車両。1997年登場。
従来車と変わらない。
2013年4月より親和銀行ラッピング列車となったが現在は解除されて本来の黄色い塗装になっている。親和銀行は派手なラッピング列車だったが、十八銀行はヘッドマークだったのは公然の秘密。

島鉄キハ2509A号車

島鉄キハ2509A号車

第2次生産グループの車両。1997年登場。従来車と変わらない。
上の2503号車と比較してみよう。2503がいかに側面をラッピングのためにいじくったのかがわかる参考資料になるぞ!

島鉄キハ2510A号車

島鉄キハ2510A号車

第2次生産グループではラストナンバー。1997年登場。
従来車と変わらない。
ちなみに昭和堂とは諫早市にある出版社のこと。

島鉄キハ2511A号車

島鉄キハ2511A号車

第3次製造グループの車両。2000年登場。従来車と変わらない。ミレニアム世代。2000年問題というのがありましたが、この子たちは特に問題なく走り続けているようです。

島鉄キハ2513A号車

島鉄キハ2513A号車

島鉄第3次生産グループの車両。2000年登場。
キハ2500A形のラストナンバーである。計13両、うち1両事故廃車。島鉄の多数派だが、どれも同じ見た目をしているので詳しくない人には違いが分からない・・・まあ鉄道というのはこういうものです。

島鉄キハ2551A号車

島鉄キハ2551A号車

キハ2550A形のトップナンバー。2001年登場。
キハ2500A形とはブレーキ性能が違うため、別形式となった。二重ブレーキと言ってブレーキのききが更に良くなったらしい。でも違いはあまり分からない。

島鉄キハ2552A号車

島鉄キハ2552A号車

キハ2550A形第2編成である。2001年登場。
2551A号車と同じ設計となっている。第2編成といっているが、1両でも編成って使い方間違っているのかどうか分かりにくい。日本語というのは難しい。

島鉄キハ2553号車

島鉄キハ2553号車

島鉄では最も新しい車両。2011年登場。もう6年目になるのか。
廃車となった2512の代替車両として製造された。内装は今時の軽快気動車らしく車いす対応の大きいトイレなどになっているほか、島原鉄道の鉄道車両で唯一液晶運賃表を装備するなどハイテク。足回りも今時の軽快気動車と同様の物を使っているようだが、見た目は皆と一緒。あっぱれ島鉄、お見事トランシス。

TMC100

TMC100

現在では保存扱い。1961年登場。
富士重工宇都宮製作所で製造されたもので、1999年にTMC370が登場すると引退した。
1両のみ現存し、たまに構内入れ換え機として動いているようだ。2両存在したが、1両はいつの間にか消えていた。

TMC370

TMC370

島鉄の保有する事業用モーターカー。1999年登場。富士重工製のため、どことなくTMC100のDNAを受け継いでいるようにも見える。富士重工は鉄道車輌製造から撤退しているため、実際貴重な存在なのである。

レール運搬貨車

レール運搬貨車

レール運搬貨車。登場年不明。
クレーンがついており、クレーンでレールの上げ下げをする。棒の連結器で繋がっている。なんか小さくてかわいいやつ。動いているのを見かけた人は何か良いことがあるかも。

バラスト輸送貨車

バラスト輸送貨車

バラスト(線路の砂利)を輸送する貨車。登場年不明。
バラストを輸送するだけでなく、散布できるようになっている。JRでいうホキ800のような存在か。
ちなみに、手前の物はレール運搬貨車のクレーン。

救援車

救援車

手前からハワム80001、ヨ8001。奥の車両はTMC100。救援車の経歴はあまりはっきりしていないが、噴火災害時には救援物資の輸送などに活躍したということ。現在の車籍の有無は不明。
一応元JR車。この子たちの前の救援車はとても古い(大正?)貨車だったらしい。島鉄の隠れたアイドル。


島鉄情報局

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

うみみちの日々徒然

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販