地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

全国webカウンセリング協議会紹介

 全国webカウンセリング協議会

会長:中島章夫(元文部科学大臣官房審議官)
理事長:安川雅史

 

現在、不登校・ひきこもり・ニート等で悩みを抱えている本人及びその家族が多数存在しており、社会的な問題として注目されています。これらの問題は個々に状況が異なり、それぞれの状態に合わせた対応が必要とされ、カウンセラー等専門的な機関にて相談を受ける場合が多く見受けられます。
 不登校・ひきこもり・ニートの状態にある場合は、全般的に家にいる時間が多いため、インターネットを通じて外部との接触や情報収集等の行動をとる場合が多く、外部との貴重な「交流の場」となっております。
 またカウンセラーとしての資格を持っているにもかかわらず、その実践の場が少なく、身に付けたスキルを発揮できない人も多く存在しています。カウンセラーの実践の場の確保については深刻な状況となっております。
 これらの状況を踏まえて、ひきこもり・不登校・ニートで悩みを抱えている本人及びその家族に対する心理学的援助を中心とし、不登校・ひきこもり・ニートに関するカウンセリングの研究活動を行い、インターネットを有効活用したカウンセリング手法の開発、カウンセラーの育成を通して、その普及に貢献し、豊かな国づくりの推進を図ることを目的として設立されました。

 

☆心理療法カウンセラー養成講座

 

自宅で気軽に6ヶ月。最短で全国webカウンセリング協議会認定・心理療法カウンセラーの資格を取得できます。あなたも最短で実力のともなった全国webカウンセリング協議会認定・心理療法カウンセラーの資格を取得しませんか?

全国webカウンセリング協議会認定心理療法カウンセラー養成講座は、知識の習得はもちろんのこと、実践活動の場を通じ、いじめ、不登校、ひきこもり、ニート、少年犯罪、親子間のトラブルに関する専門的な対応ができるようにプログラミングしてあります。

全国webカウンセリング協議会認定心理療法カウンセラー養成講座は、不登校やひきこもり、少年犯罪に、専門的に対応出来る心理療法カウンセラーの育成を目的に初級、中級、上級の三段階に分けて学習できる内容をプラグラミングしました。全国webカウンセリング協議会には、全国から年間16000件以上の相談が寄せられます。最近の全国webカウンセリング協議会に寄せられた事例に沿ってより実践的な力を身につけることが出来ます。講師は理事長・安川雅史がつとめます。

※全国webカウンセリング協議会認定心理療法カウンセラーとは?

心理学的な知識や技術を用いて悩みを持つ方や、その家族と向き合って解決に向け支援する、全国webカウンセリング協議会認定のカウンセラーのことです。

全国webカウンセリング協議会認定心理療法カウンセラー養成講座の特長

全国webカウンセリング協議会の心理療法カウンセラー養成講座は、初級から上級まで三段階で学習できます。

全国webカウンセリング協議会に寄せられた相談をもとに実践的な指導を受けることができます。

全国webカウンセリング協議会の心理療法カウンセラー養成講座は、自宅で気軽に勉強できます。

全国webカウンセリング協議会認定・心理療法カウンセラー養成講座は全国どこからでもいつからでも受講できます。

低料金、短期間で、全国webカウンセリング協議会認定の心理療法カウンセラーの資格を取得することができます。

受講料80000円(認定時に別途、認定登録料20000円かかります)


全国webカウンセリング協議会の心理療法カウンセラー養成講座の受講料は、初級、中級、上級、テキストすべて込みの費用です。

全国webカウンセリング協議会認定心理療法カウンセラーの資格取得後も、全国webカウンセリング協議会は、カウンセリングで困った時は、電話でアドバイスします。また、特殊な事例で対応が難しい場合は全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史が直接電話でアドバイスします。

 

■全国webカウンセリング協議会の特別教育講座 (全国で開催)

 

☆全国webカウンセリング協議会認定・不登校児童対応アドバイザー養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の不登校児対応アドバイザー資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:3時間30分 料金12000円

☆全国webカウンセリング協議会認定・アートセラピスト養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定のアートセラピスト資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史

☆全国webカウンセリング協議会認定・家族セラピスト養成講座


(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の家族セラピスト資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:5時間 料金28000円
 

☆全国webカウンセリング協議会認定・情報モラル指導者養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の情報モラル指導者資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:5時間 料金18000円

☆全国webカウンセリング協議会認定・災害メンタルケアカウンセラー養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の災害メンタルケアカウンセラー資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:3時間30分 料金12000円

☆全国webカウンセリング協議会認定・少年犯罪心理カウンセラー養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の少年犯罪真理カウンセラー資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:3時間30分 料金12000円

☆全国webカウンセリング協議会認定・発達障害児特別支援カウンセラー養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の発達障害児特別支援カウンセラー資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:3時間30分 料金12000円

☆全国webカウンセリング協議会認定・児童虐待・DV専門カウンセラー養成講座

(研修終了後、全国webカウンセリング協議会認定の児童虐待・DV専門カウンセラー資格が取得できます)

講師:全国webカウンセリング協議会理事長・安川雅史
研修時間:3時間30分 料金12000円

____________________________________

■全国webカウンセリング協議会の資格認定制度について

 

全国webカウンセリング協議会認定・ネットいじめ対応アドバイザー資格認定制度

全国webカウンセリング協議会認定ネットいじめ対応アドバイザー資格取得者が全国で活躍されております。

 

■全国webカウンセリング協議会認定ネットいじめ対応アドバイザーは、ネット上の基礎知識から全国webカウンセリング協議会がこれまでに対応してきた様々な相談事例をもとに具体的な対処方法を学んでいただきます。
受検料7000円

テキスト3000円

全国webカウンセリング協議会のネットいじめ対応アドバイザー養成講座に合格してネットいじめ対応アドバイザー資格を取得すればネット監視の仕方、危険なサイトの見つけ方、様々な削除の方法を身につけることができます。全国webカウンセリング協議会では、ネットいじめに対応出来る人材の育成に力を入れております。全国webカウンセリング協議会のネットいじめ対応アドバイザーの資格を取り、教育委員会でのサイトの監視活動、ネットパトロール、講演活動などで、全国で活躍されている方々が沢山います。インターネット上の誹謗中傷について都道府県のサイバー犯罪相談窓口等に寄せられた平成18年度の被害相談は8,037件(5年前の2,267件の約3.5倍)でした。全国webカウンセリング協議会にも全国から相談が毎年、16000件以上寄せらますが、その中でも中高生からの相談が多く、ネットいじめが原因で不登校になってしまう場合や自殺未遂を繰り返すなど深刻なケースも目立ちます。ネットいじめや誹謗中傷はほとんどが匿名で行われている為、発信者を特定できないという怖さがあります。パソコンは情報を収集し、切手なしで手紙を送る道具くらいにしか大人は考えていませんが、実際は子どもたちの一番の用途はSNSです。このような見解の違いからも、大人は、ネットいじめの実態に対して知識が不十分だといえます。実態がわからなければ、子どもたちに対して良いアドバイスができません。全国webカウンセリング協議会は、しっかりと正しい知識を持ち子どもたちに指導出来る指導者の育成とネットいじめから子どもたちを守ることができる指導者の育成として全国webカウンセリング協議会認定のネットいじめ対応アドバイザーの資格に力を入れています。ネットいじめは、弱いものがターゲットになるとは限りません。肉体的に弱者であってもいじめることは可能なので、誰でもいじめの対象になり得ます。ネットを通して誹謗中傷は短時間で多数の目にさらされ、1度書き込みをされると削除が困難になることもあります。また、匿名や偽名で書きこまれる為、警察の捜査が入らなければ、誰が書き込んだのかを特定できないケースがほとんどです。チェーンメールの場合も最初の発信者を特定することは極めて困難だと言えます。ネットいじめは時間と場所を選ばず、いつでもどこでも行われる可能性があるので、いじめは学校内だけではなくて学校外でも24時間行われる可能性があることを大人も認識していなければなりません。ネットいじめは名誉毀損、侮辱行為、犯罪行為として起訴できる可能性があるので、たかがネットの書き込みと軽く考えるのではなく正しい対応方法を学んでもらいます。全国webカウンセリング協議会のネットいじめ対応アドバイザーの受検は、全国webカウンセリング協議会のネットいじめ対応アドバイザー養成テキストをしっかり理解した上で認定試験を受けてもらいます。不合格の場合は、再試験を何度でも受けれます。

※受験料7000円

※全国webカウンセリング協議会指定テキスト

ネットいじめ対応アドバイザー養成テキスト3000円(全国webカウンセリング協議会作成・執筆:安川雅史)

全国webカウンセリング協議会では、ネットいじめ対応アドバイザーの他に、情報モラル教育指導者の育成も行っています。問題がある掲示板の検索の仕方や、各サイトごとの削除依頼の仕方、証拠保存の方法についても学んでいただきます。講師は全国webカウンセリング協議会理事長安川雅史がつとめます。

※1年ごとに更新テストあり

___________________________________

☆不登校児対応専門能力検定

全国で初めての検定試験「不登校児対応専門能力検定」(全国webカウンセリング協議会認定)の開始

不登校児で悩んでいる教師、子どもに携わる仕事をされている方、不登校児を持つ親には是非、受けてほしい全国webカウンセリング協議会主催の検定試験です。

全国webカウンセリング協議会は、2005年7月より、メール・電話・対面・訪問カウンセリングなどを通して、不登校の当事者や不登校児を持つ親、教育委員会や教育現場の先生方からの相談を受付け、登校復帰に導いて参りました。全国webカウンセリング協議会では、不登校以外にもネットいじめ、ひきこもり、少年犯罪、震災でのトラウマ等の相談を年間、約16,000件以上受付けております。今年度に入っても、東日本大震災後、心に傷をおった子どもの相談や、子どもの心のケアに対する教育現場からの相談が増えています。今までの全国からの相談実績と精神科医を始めとする様々な児童心理に携わる方々のご協力を得て、この度「不登校児対応専門能力検定」(全国webカウンセリング協議会認定)を実施する運びとなりました。

○もしクラスに不登校児がいてどんな方法を使っても学校に復帰させられなかったら?

○もし、自分の子どものが昼夜逆転、家庭内暴力、自殺未遂などで悩んでいたら?

全国webカウンセリング協議会の不登校児対応専門能力検定にチャレンジしてください。必ず、登校に導くための最善の手段が見つかります。

■背景

.教育現場、相談機関では、不登校児童生徒や保護者の相談に対しての適切な指導・助言ができる人が求められています。しかしながら、その実力を認め・評価する基準が現在は無く、教育関係者から全国webカウンセリング協議会にその必要性を訴える声が多数届いていました。

.不登校に携わる人材の能力・スキルを、客観的・適正に評価をすることにより、指導者のレベルが保たれ、また指導者自らも自信を持って対応できると全国webカウンセリング協議会は判断しました。

.全国webカウンセリング協議会は、2005年7月より、不登校の当事者や不登校児を持つ親、教育委員会や教育現場の先生方からの相談を受付け、登校復帰に導いて参りました。全国webカウンセリング協議会では、不登校以外にもネットいじめ、ひきこもり、少年犯罪、震災によるトラウマ等の相談を年間約16,000件以上受付けております。その実績と精神科医を始めとする様々な児童心理に携わる方々のご協力を得て、この度「不登校児対応専門能力検定」を実施する運びとなりました。

■概要

不登校児童生徒、保護者に対する家庭や学校での相談、指導、助言が専門的に出来る実力を認定する日本で初めての検定試験を全国webカウンセリング協議会が実施します。不登校児童生徒に深い理解を持ち、専門知識を持ち合わせていることが合格の条件となります。検定試験の内容は、ADHD、学習障害、パニック障害、起立性調節障害、過呼吸、過食、拒食、自律神経失調症、自閉症等、様々な障害を持った子ども達への対応や、家庭内暴力で悩んでいる家庭の救済、モンスターペアレントとの向き合い方、相談機関との連携の取り方、いじめ問題の対応法、児童虐待・昼夜逆転・ゲーム依存・震災被害によるトラウマなどの対応方法など、あらゆる問題が専門的に対応出来る能力・スキルがあるかどうかを客観的に評価する国内で初めての検定試験です(全国webカウンセリング協議会認定)

■対象

一般・教育関係者

■受検料

21,000円(税込み)

■受検地

自宅受検

■受検日時

随時受付中

■推奨教材

不登校対応完全手引書(3,150円)※著作/全国webカウンセリング協議会/執筆:安川雅史の他、精神科医が執筆協力/監修:多湖輝

■合格点

200点満点中150点以上
※合格認定書の発行:合格者には全国webカウンセリング協議会から合格証を付与

※全国webカウンセリング協議会認定の心理療法カウンセラー資格又は、不登校児専門アドバイザー資格を取得の方が、不登校児対応専門能力検定2級に合格した場合は、不登校児対応専門能力検定2級合格証書の他に、不登校児心理相談員2級認定証書を発行。

■不登校児対応能力専門検定1級(全国webカウンセリング協議会認定)は、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡で2012年4月以降実施。

※受験対象は、不登校児対応専門能力検定2級(全国webカウンセリング協議会認定)に合格した方。

■全国webカウンセリング協議会の不登校児対応専門能力検定に合格すれば、漠然としたものではなく、自信をもって不登校児に対応出来る能力が確実に身に付きます。合格後は、生徒指導で不安がある場合は全国webカウンセリング協議会理事長安川雅史の電話相談が受けれます。

■不登校児対応専門能力検定について詳しく知りたい方は全国webカウンセリング協議会にお問い合わせください。
◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会
【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp
 img_20160422-200608.jpg
安川雅史講演会日程




 携帯電話に変わるスマートフォンの急激な普及をふまえ、新たな情報モラルの教育に子どもと家庭と地域が一体となって取り組むための教材です。本サイトは【子ども向け】と【保護者向け】で構成されています。
保護者の方/指導される方へ
 

【新作】子ども向け映像教材
情報モラル教材
スマホの落とし穴開発委員

赤堀侃司(東京工業大学名誉教授) 
安川雅史(全国webカウンセリング協議会理事長)
高橋泰之(全国webカウンセリング協議会理事)
西田光昭(千葉県柏市立柏第二小学校長)
制作協力
株式会社シィクリエイティブ
制作
一般財団法人 日本視聴覚教育協会
 

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

2016年4月11日発売。 知っていますか? スマホの危険と対処法 教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載!...
発行年月日 2016年04月11日
定価 2,160円
(本体:2,000円)
 
編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
img_20160330-004937.gif
子どものスマホ・トラブル対応ガイド - web ...
shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...
子どものスマホ・トラブル対応ガイド 特設ページTOP/ぎょうせい
子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! □「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――

フリースクールみらいのつぼみ

 

フリースクールみらいのつぼみ

現在、不登校、いじめ、意欲減退、学力不振、家族・対人関係、ネット・ゲーム依存など、生徒とその家族を取り巻く地域社会は様々な課題をかかえています。

フリースクールみらいのつぼみは「課題を抱える生徒や保護者の方に寄り添い、支援を行うこと」「地域とのかかわりにより生徒や保護者の課題を解消し、社会で活躍できる人材を育成すること」を目的として開校しました。

私は教員時代に、様々な子ども達と接する中で、表層に表れない1人ひとりの苦悩や葛藤を深く感じていました。家族の事、友人関係の事、学校での事、自分でもよく分からない辛い事など、本人ひとりでは、立ち向かえない環境にいる子ども達とたくさんかかわりました。

そこで、私は、何かできる事があるのではないか、自分だけでも寄り添えるのではないか、という想いで今の活動を始めました。

学校現場を離れ、養護施設や少年院、児童自立支援施設、知的障害者の施設へ訪問すると、様々な子ども達が一生懸命生きていました。執拗ないじめにあった子ども、家族から見放された子ども、虐待にあった子ども、自分が必要とされていないと信じている子ども、結果として学校に通えなくなった子どもを、日々目の当りにし、子ども達には、心のよりどころ、安心できる居場所や支える人が必要だと痛切に感じました。

絶望してしまいそうな境遇の中、ひたむきに生きている子どもにもたくさん出会いました。私はこのような子ども達や保護者のために、私も成長し続けながら、力になりたいと想い、活動を続けています。

今の社会・世間の荒波を「自分の力で」乗り切り、将来、社会で自分らしく生きていける(貢献)できるよう、子ども達とその家族を支えていきます。

フリースクールみらいのつぼみは、私のこのような想いを実現できる「居場所」として活動して参ります。

全国webカウンセリング協議会 関連情報

ネットいじめ・LINEいじめニュース
<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて
<子どもとネット>トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務
ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ
ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
下記から、東京で行われました人権シンポジウムの模様を見ることができます。安川は、LINEいじめについてお話させていただきました。
人権シンポシンポジウムin TOKYO
葬式ごっこ、裸の画像…中高生「LINEいじめ」の実態
LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”
広がる“リベンジポルノ”
わが子をストーカーからどう守る
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
深刻化する“LINEいじめ” 被害者が語る実態
TBS News ‎-
深刻化する“LINEいじめ”被害者が語る実態 今や10代の7割以上が使っているLINEなどのソーシャルメディア。LINEが人気となっている理由の一つに「グループトーク」機能があります。グループのメンバーが何かメッセージを入れるとグループ ...
 

LINEいじめ・リベンジポルノニュース

 
「LINEいじめ」3つの要因!「既読」「言葉勘違い」「裏グループ ...
www.j-cast.com/tv/2014/08/12212922.html
中・高校性の間で携帯電話無料アプリのLINEを使ったいじめが急増している。利便性から世界で約4億人が利用しているLINEだが、日本では34歳の大阪府議が中学生相手に脅しまがいのメッセージを発信するなど、便利な通信手段から逸脱 ...
 
LINEで悪口…スマホ普及で防止難しく
読売新聞-2014/10/17
LINEを使って仲間外れにする新しい形のいじめも増えている。同協議会に寄せられた相談では、都内の女子中学3年生は今春、書き込みをすると無視されるようになった。学校で会っても話についていけない。友人たちは自分を除いてLINEで ...
 
熊本商業高校1年女子生徒-LINEいじめ自殺同級生書類送検 ...
www.xanthous.jp › 事件
熊本県立熊本商業高校 1 年の女子生徒が昨年 8 月、いじめを受け自殺していた事が 22 日明らかとなった。県教育委員会によると女子生徒は、昨年 4 月に入学し、寮に入ったが、無料通話アプリ「 LINE.
 
熊本高1女子自殺、LINEへの書き込みが原因か - YouTube
www.youtube.com/watch?v=ET4KQF2zGm0
去年8月、熊本県で高校1年生の女子生徒が自殺をした問題で、女子生徒に対してLINEへの書き込みによるいじめがあったこと ...
 
 
撮られた過去がある人は必読!「リベンジポルノ被害」を ...
news.ameba.jp/20141004-156/
ちょうど1年前に起きた三鷹ストーカー殺人事件では、“リベンジポルノ”という言葉が世間をにぎわせました。 リベンジポルノの被害を防ぐ最善の方法はというと、とにかく“撮らない、撮らせない”こと。ひとたび画像…
 
本当に怖いリベンジポルノの実態 親しい間柄でも一線… (1/3 ...
www.zakzak.co.jp/zakjyo/zkj-news/news/.../zkj1409081540001-n1.htm
元恋人や元配偶者が、復讐のために別れた相手の裸の写真や動画をインターネット上に流出させる「リベンジポルノ」。昨年10月、東京都三鷹市で発生したストーカー殺人事件で注目され、被害の実態をテーマにした映画も製作されるなど ...
 
最悪!自分の恥ずかしい写真がネット公開されても「削除困難なケース」とは
日刊アメーバニュース
リベンジポルノ被害”を食い止める策3つ」では、全国webカウンセリング協議会・理事長の安川雅史さんからのお話をもとに、画像が流出した場合には、画像が掲載されているサイトの管理者に依頼して削除することができるとお伝えしました。
 
絶対撮らせちゃダメ!他人事ではない「リベンジポルノ」被害パターン3つ
wooris.jp/archives/102834 - キャッシュ
三鷹ストーカー殺人事件からおよそ1年。同事件は、“リベンジポルノ”という言葉が世に 広まるきっかけともなりました。ネット上のトラブル相談を受ける全国webカウンセリング 協議会のもとへも、事件の報道以来リベンジポルノに関する相談が ...

リベンジポルノに直結 彼からの「ヌード撮らせて」はこう断れ
日刊ゲンダイ-2014/10/29
リクルート「R25」編集部が若い女性200人にアンケート調査した結果、恋人に裸や下着姿を撮らせた経験のある人が16.5%、6人に1人に上ることが分かった。理由の1位は「恋人に頼まれて仕方なく」(51.5%)。以下「恋人に勝手に撮られ ...

【日本の議論】女子高生は自殺した 「レスキュー隊呼んどけ」と同級生から ...
産経ニュース-2014/11/08
スマートフォン向け無料アプリ「LINE(ライン)」を悪用したいじめが教育現場で深刻化している。文部科学省が発表した平成25年度の問題行動調査では、携帯電話やパソコンでの誹謗(ひぼう)中傷などのいじめが前年度から約1千件 ...

 
内容
·お子さんはネットにつながる機器を持っていますか? 
· 誰でもなりうるネット依存!!
· 川島先生のストップネット依存~ネットの使いすぎは脳の中から学んだものをなくしてしまう!?
· 川島先生のストップネット依存~やっぱり大事!早寝・早起き・朝ごはん
· 安川先生のネット事件簿~全部本当にあった話です!!
· 安川先生のネット事件簿~どの機器でも起こりうる事例です!
· 子どもを守るために1~ネットにつながる機器を買い与える前に
· 子どもを守るために2~命守るフィルタリング(ゲーム機・携帯音楽プレイヤー・おさがりスマホ・スマホ)
· 子どもを守るために3~我が家のルール作り
· 大人みんなで地域の子どもを見守ろう~各学校・PTA等の取組 
· ネットとうまくつき合おう~親子のホッとネット大作戦
特徴
ネット問題の専門家である全国webカウンセリング協議会の安川雅史氏と東北大学教授の川島隆太氏の監修によりパンフレットを作成しました。ネット依存やネットいじめなどの事例によりインターネット利用の危険性を示すとともに次の3つの対策について周知啓発します。(1 ネットにつながる機器を買い与える前に確認すること2 ペアレンタルコントロールとフィルタリング3 家庭のルール作りと見守り)特に、ペアレンタルコントロールとフィルタリングの設定方法を具体的に示し、家庭で設定できるようにしました。また、家庭のルールを記入・掲示し、日々振り返りながら子どもを見守ることができるページをつけました。 
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kyoiku/syougai/hottonetto/hottonetto.html