2009年11月 アーカイブ

ハンドメイド2


なんとかハンドメイドは、進んでる感じ。
やっぱりエアーブラシを使うのは難い。
パーマークなんてどうしたらいいの?
やっぱりテンプレート作るしかないの?それともマジック?
マジックだとセルロースに浸けると色が流れるし・・・
マジックで塗って、セルロース吹きつけしてからドブ付け?
ん〜〜〜??だれか〜〜〜?

今のところパーマーク抜きで、こんな感じ。



どうでしょうか?
これから顔作りにはいるところです。
こんな感じでがんばってみます。

ハンドメイド

山女魚一舗さんの影響で、ハンドメイドミノーの虜になってしまい自分でも作ることになって1ヶ月。
やっぱり難しい。
型を作ってバルサを削って貼り合わせてディッピングしてアルミ貼りまではいいのですが、試しにリップをつけてスイムテストをすると傾いたりして泳ぎません?
バランスのとり方が難しい?
バルサの削りも均等になっていないんでしょう?
オリジナルの顔がまだできてなく、山女魚一舗さんのミノーに憧れて、山女魚一舗さんの真似をさせていただきました。




あえて名前をつけるなら、(仮)YASUKITI(ヤスキチ)45S

ただ安吉釣友会からとっただけですけど。

塗装は上手くいったと思ったのに、ディッピングの時に色流れしちゃって背中が悲しい事に・・・・



アルミ貼りとバルサの削りも甘い事が写真でもお分かりかと・・・
まだ最後のコーティングが残っていますが、とりあえず試作品です。

まだまだ頑張らないと。
数こなして何ぼですね。

荒雄川釣行

またまた荒雄川に行ってきました。
今回は、3人での釣行。

暗いうちに着いて明るくなると同時に釣り開始。
いつもの大場所に入り1人2人と釣れるのですが、俺には釣れない。
         もしかして下手??

結局その場所では釣れず、釣りあがることに。
次の深み&瀬のポイントでやっと釣れて、2匹連続ヒット!
2人に並んで釣果は2匹。

その後は、みんな釣れず上流の方で自分が2匹追加。
最上流部から、また最初のポイントに入り最後の勝負。

ミノーでは、反応しないと思い3gスプーンに交換。
水量も増えていて流れが強いため底が取れず5gにチェンジ。

底を取っているとゴツンとアタリが!
グングン走る。
ドラグを調整しながら走る魚とファイト。
凄く走る魚でなかなか寄ってこない。
だいぶ近くまで寄せてもう少しというところで魚が猛ダッシュ!!
ドラグが止まらない!
プツン?!?!
あえなくラインブレイク。
もったいなーーーい ああぁぁぁぁーーーー
サイズもそこそこ良かったので、悔しいです。
逃した魚は、大きかった。

これで今年の釣りは終了かと思います。
来年のサクラシーズンまで妄想の日々が・・・・・

オフシーズンは、ミノー作りに励みます。

荒雄川は凄い!! 

月曜日またしても荒雄川に行って来ましたよ。
久しぶりに相棒といけました。

相棒は、一本竿にこだわっていて 一本竿で大物をあげるのが好きなんです。
今回も、私がルアーで相棒が一本竿での釣行。

現地に着いたら、もう先行者がいて「出遅れた」なんて言いながら先週の巨鱒爆釣を妄想しながら釣り開始。

しかし反応がなく、相棒には釣れる事は釣れるんですがサイズがイマイチ。
「なんでだろう?」
そう思いながら場所移動。キャッチ&リリース区間の最上流部で相棒がカッコイイ鱒を釣り。 


その後 少し深みのあるポイントに流しても反応がなくて「アタリある?」 「全然?」 おかしいなあと思いながら、場所移動前に「ちょっとやらせて?」 
元は、餌釣りから始めている私は一本竿での釣りも好きでチョイチョイ相棒に借りて餌釣りをするんです。

借りてすぐにアタリが!
最初は、アベレージサイズかな?と思ったんですが
なかなか寄ってこない!?
何分か格闘していると、下流に走る走る!!
竿をためて なんとか下流に行かないようにがんばったんですが、それでも走るので これ以上はラインがもたないと思い 自分が走ることに!!
10mか15mくらい下流に走って、そこで格闘
それでも寄ってこない!?
何分格闘したことか?竿を持っている手も疲れてきてやっとの思いで取り込み

「デカイ」 

2人で言いながら計測

61cm!!



またしても自己記録!!

うれしい反面、今回は なかなか行けなかった相棒に夢の60cmオーバーを釣らせるための釣行でもあったので なんか気の毒な・・・。

その後 あっちこっちポイント移動したのですが やっぱりイマイチ?

いつもの大堰堤に入ってみると、今度は釣れる釣れる(餌で)。
すると 相棒が「3mの竿で釣ったらどうなっべ?」 凄いことを考えるなあと思っていると、持ってきて仕掛けを作り本当に釣りを!!

そして本当に釣るんです。相棒は、ラインが切れるか竿が折れるかと真剣に釣りをしてるんですが、私は大爆笑。

周りのフライマンの方々も見ていました。
そりゃそうですよね。
最後には、いいサイズの鱒がかかったのですが あえなくラインブレイク。

やっぱり楽しい奴です  相棒は。






60の大台

昨日 鬼首の荒雄川に行ってきました。

朝5時に起きて、モーニングコーヒーを飲んでいざ出陣

寒い!!

夜には雪が降るかもしれないと言うくらい冷え込むとの予報

しかし、「釣りがしたい」がために我慢

6時過ぎくらいについて、いつも最初に入渓する堰堤に

何投かしているうちに         ゴン

待望のアタリ    凄くしなるロッド    デカイ

寄せてみれば55cmの虹鱒

さすが荒雄川

だが自己記録ではない



次の一投目

トゥイッチしていると

ゴン       ジジジジジジーーーーーー

これは   デカイ

寄せては走り 寄せては走りを繰り返し取り込んだのが59cm!!



あと1cm

悔しい

60cmの夢を見て、また釣り再開

何投くらいしたのか分からないが、そんなに時間もかからずに

また    ゴン

今度は、動かない

ん??

少し寄せると グングン 引く

先ほどの魚とは、違ってトルクのある引き

なかなか寄ってこない

1500番クラスのリールが、壊れるんじゃないかと思うくらいのトルク

ランディングも無事終わってみると

ジャスト60cm



遂に60の壁を破ることができて嬉しくて嬉しくて

一緒に釣りに行けなかった相棒に写メを送り感無量

その後も、50cmオーバーが2本。40cmクラスが何本か釣って釣り終了

40cmクラスでもかなり走ったりジャンプしたりと楽しませてくれました

それにカッコイイ魚もいて釣ってよし見てよしの釣行でした

    

来週は、相棒と行ってきます


[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]