地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

遠い旋律

二人だけの演奏会

そうやって、お互いの気持ちを打ち明けたりしたけれど、私たちのスタンスは今までと何ら変わらなかった。それでも気持ちはつながっている、そう思うだけで私は安心できた。

定期演奏会が終わった後、高広は私に、
「今度、ウチ来る?」
と急に言い出したので、私は狼狽えた。
「な、何よいきなり。」
「さくらにオレのソロ聞かせたことないなぁと思ってさ。それに、さくらのギターもじっくり聴いてみたいしさ。」
あ、何だそういう事か。ちょっと期待して?損した。
同じ高校の出身という事以外、何の接点もない私たちは、
高広がオケで演奏したのと、私が楽器店の商品ディスプレーでちらっと弾いたくらいしかお互いの音を知らなかった。

それで、私は自分のギターを抱えて高広の家に行った。
チャイムを押すと、彼はすぐに出てきて開けてくれた。
「今日、みんないないから、安心して上がって。」
…ってことは2人っきり?!私の心臓は一気に跳ね上がった。
「他の家族がいると、さくらが気を遣って思いっきり演奏できないと思ってさ。」
やっぱりね…そんなことだろうと思ったわ。

高広の部屋に案内してもらって、まずは彼のバイオリンの演奏を聴く。カッコつけの高広はいつにも増してカッコよくて、思わずぼーっと見入ってしまった。私、バカっぽい顔になってたかも。

そして、次は私の番。高広はデニムのポケットに手を突っ込んだまま、立って聴いていた。
「やっぱ、さくらはすげーよ。」
「そうかな、高広の方がすごいよ。」
「絶対にさくらの方がすげーって!オレはきれいには弾けても、あそこまで情感たっぷりには弾けない。」
「そうね、カッコつけが災いしてるかもねっ。」
高広の賛辞に私は意地悪くそう言ってやった。
「痛いとこつくよなぁ。」
高広はため息混じりにそう返した。
「でも、サイコーにカッコ良かったよ。」
「ホントに?」
私がカッコ良かったと言うと、高広は私の顔を覗き込んで確認した。
「…ホントよ。」
私は急に高広の顔が近づいてきたので、ドキドキでつっかえそうになりながらそう答えた。
私の答えを確認した高広は、すごく嬉しそうな顔をしたすぐ後、一瞬『痛っ』っていう表情になって…
「オレ、コーヒーでも入れてくるわ。」
と、急に落ち着かない様子になって、そそくさと部屋を出て行ってしまった。

部屋を出た高広は、インスタントのコーヒーとポットを持って戻って来た。
「あんたが淹れてくれるんじゃなかったの?」
私はそう言いながら、コーヒーをカップに入れてお湯を注いだ。
「インスタントなんだから、誰が淹れようが大して変わんねぇじゃん。」
帰って来た高広はなんだか不機嫌になっていた。いつもみたいにしゃべってこないから、会話が続かない。何か私、悪い事でも言ったっけ…だけど、思い当たる節はないし、何だか気まずかった。

「じゃぁ、私帰るわ。」
私がそう言ったら、
「えっ、もう…ああ…そうだな、玄関まで送るわ。」
と何か奥歯に物が挟まったような返事が返ってきた。何か言いたそうなんだけど、高広はそれを口にはしなかった。

そして、玄関まで来た時、ドアを開けて近所の高校の制服を着た女の子が入ってきた。
「お兄ちゃん、ただいま!」
「お、おお、お帰り。」
女の子がそう挨拶をすると、高広は何だかすごくマズイって顔になった。
「お兄ちゃん、お客さんだったの?」
「うん、まぁ…紹介するわ。三輪さくら(一旦はそこで切ろうとしたけど)…さん。高校の先輩。さくら(でも、ここで『さん』つけるの忘れてる)、コレ妹の久美子。」
久美子ちゃんは高広に似たかわいい女の子だった。彼女はぺこりとお辞儀して言った。
「はじめまして、妹の久美子です。兄がいつもお世話になってます。」
「べ、別にお世話なんてしてもらってねぇよ。」
「うふふふ…三輪さん、ゆっくりしてってくださいね。」
そううそぶく高広を横目で見ながら、久美子ちゃんは私に向かってそう言った。
「あ…いえ、今もう帰るところですから。」
「あ、そうなんですか?」
「じゃぁな、また連絡するわ。」
そして、高広は右手を挙げながらそう言うと、自分の部屋へ戻ろうとした。それを見た久美子ちゃんは、
「お兄ちゃん、せっかく来てくださったのに、駅まで位送って行ったら?」
と高広を非難した。
「いいですよ、行きだってちゃんと迷わず来れたし。」
駅からそんなに遠くないし、道も迷うようなとこ、なかったもん。だけど、高広はちらっと久美子ちゃんのほうを見て急に
「あ、やっぱオレ送って行くわ。ちょっと待ってろ、今ジャケット取ってくっから。」
と言うと、部屋から慌ててジャケットを取って戻ってきた。

「別に良いのに…」
家を出た後、送って行くと言った割にはずんずんと1人先を歩く高広に私はこう言った。
「…」
「何?聞こえない!」
高広の前を歩きながらの声はぼそぼそとしていて、私には聞き取れなかった。私が聞こえないと言うと、彼はさっきよりもう少し大きな声で言った。
「…あのまま家に居たら、さくらのこと…久美子に質問攻めに遭いそうだったからさ…」
あ、そうか…そうだよね。でも、送った後帰っても同じだと思うけどな。ま、いっか。
「それにしてもさくら、おめー歩くの遅せーよ。貸せ、ほら!」
それから高広は、そう言うと、ジャケットのポケットに突っ込んでいた手を出して、私のギターを引っつかむと、もう一方の手で私の手をギュッと握り締めた。彼の手はとても暖かかった。
高広は私の手を引っ張って、そのまま何も言わずに駅まで歩いた。

(もしかして、怒ってるんじゃなくて照れてるの?)私はそれが分かってホッとした。

5/28

プロフィール

ニックネーム
たすく
性別
一応女性……らしい。さいきんとみにおっさん化は進んでいるが。
血液型
血液型も体系もО型だよっ
自己紹介
神山 備と申します。
40の手習いでネットに小説を書き始めて早?年。おばさんによるおばさんのための小説を日々目指しています。
趣味
小説以外ではパズルゲー
と言っても、アラフィフだからじっくりタイプだよ。
特技
複数回使用したバーコードの記憶
職業
チェッカーズ(レジだよ、レジ)
座右の銘
君は愛されるために生まれた

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数