地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

 お子様の名付け相談



「お子様の名付け相談」承ります。
           
・・・
命名のサポート役




●お子様の名付け相談  撰名サポート料 30,000円です。


名付けは、愛する我が子に親が与える最初の贈り物であり、 我が子の人生への
最大の贈り物とも言えますね。
改名でもしない限り、お子様の一生涯の名乗りとなりますね。
前東京都知事で現在、衆議院議員でいらっしゃる作家の石原慎太郎氏は、
姓名判断に理解のある方で、面白いことを回想していらっしゃいます。
「ある有名な姓名判断の先生に、『戦争中のこと、良い名前の人は生き残るが、
良くない名前の人は戦死してしまったので、良くない名前の人は改名させた』
という話を聞いて納得した。
そこで、子供の名前をその先生に付けて貰ったら、どれも何故か堅苦しい
坊主みたいな名前ばかりになった」とのことです。
石原慎太郎氏のご長男は伸晃氏、ご次男は良純氏、三男さんは宏高氏、
四男さんは延啓氏と、確かに石原氏のおっしゃるように「堅苦しいご僧侶
みたいなお名前ばかり」かも知れませんね。



三人家族 赤ちゃん

現代の赤ちゃんの名付けの風潮としては、キラキラネームと評されるように、
従来の日本には余り見られなかった「音」重視で、漢字の読み方もユニーク、
この世に一人しかいないのではなかろうかと思われるほどに華麗で珍しい 命名を
為される、新感覚溢れる親御さんが結構いらっしゃいますね。
良い名前を付けて上げようと、名前事典で調べたり、インターネット上の
命名プログラムを利用されて、検討為さる親御さんもいらっしゃるようです。
大切なお子様の命名ですから、やはり、親御さんやお祖父様、お祖母様などの
ご家族が愛情込めて考えて、名付けて差し上げるのが一番良いのです。


HP用画像母と赤ちゃん
現代の赤ちゃんの名付けで時折、親御さんの身近に年配者など、
常識的な観点 からアドバイスされる方はいらっしゃらなかったのかな?と
思われるような お名前をお見受けすることがあります。
例えば、「心太」とは「ところてん」のこと、「海月」とは「クラゲ」のことと
承知の上で、敢えて名付けに使われたのか、甚だ疑問に思うところです。

また、人気の名付け文字「央」が、実は「首枷」の象形であることや、
「斗」の文字は、「物の量を計る為の、柄の付いた柄杓(ひしゃく)」の象形で、
「少ないこと」「小さいこと」の意味もあり、転じて、「つまらない人物」と いう
意味のあることを承知の上で、敢えて文字を選ばれたのか、甚だ疑問に
思うところです。


例えば「優斗」の場合、「優しさが足りない」とか、「陽斗」君の場合は
「陽の光が少ない」と解釈出来なくもないので、これでは、親御さんが
お名前 に込めた願いと正反対の意味になってしまうことになるのですよね。
「斗」はきっと、北斗七星や天空に輝く星座の美しいイメージで、選ばれた
の でしょうね。

尤も、「央」も「斗」も、字源や文字の意味を度外視して、名前の最後に
付ける 文字、「止め字」(添え字)の一つと割り切ってしまえば、それは
それで良い ことなのですが。

姓名学の鑑定士としては、姓名判断の観点からも吉祥名であることを
絶対条件 と考えています。



  相談5







 

備忘録

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数