2016年 タイの話 2月

2016年2月19日 23時54分05秒 (Fri)

今回の旅行 まとめ タイ語編。

今回の旅行 まとめ タイ語編。画像 行く度に

知っているタイ語が増えているのは分かる。
読めるようになっているのも分かる。
難しいと思っていたはずの無声音や、二種類の「O」の発音が、気づけばできるようになっていて、
タイ人に「アアッ??」と聞き返される回数が減っているのも分かる。

現在のわたしのタイ語は
「ちょっと暮らすには困らない&料理用語だけ詳しい」程度。

が!!
わたしの目標は「タイ語ペラペラ」である。
このままだと あと100年かかるわ〜〜。て思った。

飛躍的に伸びる魔法の方法、無いかなと 検索中。

写真は 行くと必ず食べる 青マンゴー。
ほとんどの店で プリヤオ(酸っぱい)か ワーン(甘い)を選べる。どちらも捨て難い。

2016年2月16日 22時52分25秒 (Tue)

今回の旅行 まとめ 料理編2。

「9年に一度」の寒波が訪れていたバンコク。
9という数字を選ぶのがタイらしくてイイね。

朝と夜、半袖では寒いほどの日が続きました。
昼間もさほど気温は上がらず
汗の粒を流さなかったのは ちょこっと残念。

ですが、鍋に適した気温でして
おかげで

計5軒の店で チムチュムを食べることができました。
暑かったらここまで食べてなかったろうな。

短期間でガガガッと食べ続けると比較しやすくて良いですね。

img_20160216-225833.jpg

この店!!圧倒的に美味しかった。
次回のチムチュムレッスンは 熱いものになりそうです。

2016年2月14日 16時51分04秒 (Sun)

今回の旅行 まとめ 飲み物編。

シンハービールは輸出を兼ねたブランドだからなのか、
そのままでもイケると感じるけど

愛するリオビール(中間層に人気)は 氷を入れないことには何とも味気ない。

また、たまにペプシやオレンジジュースなんかをそのまま飲むと 濃すぎてビックリする。
タイの飲み物は 氷を入れてこそ美味しいなあと あらためて。

そして

チャーイェン(冷たい紅茶)や
カフェーイェン(冷たいコーヒー)を飲み続けて ハッと気づいたことがある。

サイトゥン(ビニール袋に直接入れる)スタイルを見かけなくなった!
以前は
カップに入れるかビニール袋に入れるか聞かれることも多かったが
そうか〜〜、あれは過渡期だったのか。

ビニール袋に入れて飲むの、楽チンで好きだったのにな。

img_20160214-165236.jpg img_20160214-165258.jpg

紅茶はそうでもないけれど
バンコクのコーヒー業界が 大きく変わったなあと感じました。

スターバックス(かなり店舗が増えた!)、ブラックキャニオン、トゥルー等、チェーン店ばっかりだったのが

豆から挽いて抽出する「個人店」が増えてたよ。

「ケーキ&コーヒー」の看板で、しかもナチュラルカラーで
名古屋でもこんな店、見かけるよなあと思うことが多かった。
(あのテのカフェ、もともと何処の国が発信元だろう?)

情報過多なこの時代、あと10年もすれば
全世界 同じような風景になってしまうのではないか!??と妄想が走り、
今のうちにと焦って タイのコーヒー(コーヒー豆だけじゃなくイロイロと入っているんです。笑)を飲んでおりました。

あーあ、タイの人々のスマホが 海外内容閲覧不可能となる魔法をかけたい。
(いえ、某国のようになれって言ってる訳じゃなくて。)

、、ま!でも
多くの人々を魅了するタイの個性は 簡単に薄れるものではないでしょう。
世界の流行と、タイの個性が 上手いこと融合するのを見たいものですね。

また一年半後に行けばきっと 飲み物業界も変化していることでしょう。楽しみだね。

2016年2月12日 23時35分14秒 (Fri)

今回の旅行 まとめ 料理編。

友人たちの協力のおかげで

南部、中部(バンコク)
宮廷、シーフードレストラン、オシャレレストラン、カフェ、食堂、屋台、幅広い料理を口にすることができたかなと思います。

最終日の夜に、タムさんお手製 北部郷土料理を食べられたのも贅沢でした。

お菓子まで手が伸ばせなかったな。カノムケン(中国系の正月菓子)を食べなかったのが心残り。


写真は、愛する「庶民食」。庶民の舌が、その国の味の 真髄を表すと思う。
次回行くときも 郷土料理と庶民食をモリモリ食べよう。

img_20160212-233620.jpg
スラータニー(南部)バスステーション。
ここのお母さんの「美味しいもの作りますよ」感が半端無かった。
二度足を運び、いくつも料理名や作り方を聞くという しつこい客を笑ってくれた。

img_20160212-233652.jpg
パッポン通り(バンコク中心部)近く。
働く人々が明るい表情だったのが印象的。
とにかくプラトゥー(魚)をのっけちゃえば間違い無し。

img_20160212-233728.jpg
サムチュック100年市場(バンコクから車で2時間)。
店を取り仕切るお母さんは険しい顔付だったが、味から予想するに、きっと優しい人。
ご飯よりもカノムチン(見えるかな?米粉細麺のことです)を選ぶと 消化が早くて身体が軽い。

img_20160212-233809.jpg
お昼時間帯に
MBK(バンコク中心部)近くの裏道をフラフラしていると
この店の前に「並んででも食べます」感を放つタイ人が並んでいた。
美味しかった〜。でも!!バンコクの麺は量が少なすぎる。涙。
このあとぶっかけご飯を追加。

2016年2月11日 14時58分24秒 (Thu)

朝ご飯に なまず。

そういえば 今回の旅行で

プラドゥック(なまず)を食べてなかったなあと
思っていたところに

朝ご飯で登場。ヤッター。

img_20160211-145900.jpg

隣の ゲンオムラオ(ラオ系のゲン)、はじめて食べた。

よし。次回は東北地方へ行くぞ〜〜。