会員事業者・団体からのお知らせ

new環境省実証モニーターへの参加のお願い【終了致しました。】
当協議会幹事である東京電力エナジーパートナー(株)
リビング事業本部神奈川支店から、HEMSの設置、スマート
フォンの活用等により家電製品の利用方法を変化させて
CO2削減につなげる事を目標としたモニターを募集への
協力依頼がありました。
今後5年間は太陽光発電設置は不可等条件があります。
よく読んで応募希望の方は申込先(協議会事務局長佐藤)
までご連絡ください。締切7月14日です。
(詳しい資料はこちら
会長松本真哉による、講演会のお知らせpdf版はこちら
@エコマテリアルフォーラム講演会
講演題目:「都市鉱山メダルの意義とこれから」
講演者: 原田 幸明 氏
(未踏科学技術協会 エコマテリアル・フォーラム 会長
サステイナビリティ技術設計機構 代表理事、物質・材料研究機構 アドバイザー)
日時:平成29年6月26日(月)15:30-16:30
場所:千代田区立日比谷図書文化館 4F 小ホール(旧・日比谷図書館)
(千代田区日比谷公園1番4号)
参加費:無料
<講演概要>
2020東京オリンピックでは、その勝利者メダルの原料に携帯電話機など小型家電リサイクルで得られた原料を用いることを決め、「みんなのメダル・プロジェクト」として市民に協力を呼び掛けています。このオリンピック史上初の取り組みに至るには、広範な市民の声の支えがありました。
本講演ではこの取り組みに至る過程と、寄せられた声から明らかになった都市鉱山開発の問題点をご紹介するとともに、一般に「もったいない」として語られる都市鉱山活用の意義を再考し、都市鉱山の活用を2020年に向けた一過性のものに終わらせることなく、社会に定着させていく道を探ります。
A日本LCA 学会環境教育研究会
第26回環境教育研究会(公開)
開催日時:7月3日(月) 15時〜17時
開催場所:工学院大学 新宿校舎 19階 1913会議室
参加費:無料
<研究会内容>
今回は、環境配慮意識と環境配慮行動に見られる差異と、世代間で見られる
差異などの特徴について講師の方にお話し頂き、その後討論の場を持ちます。
1) 話題提供
・水野建樹 氏 (未踏科学技術協会)
「世代間の環境意識と行動の差異について考える
ー副題 より効果的な環境教育を目指してー」
・西尾チヅル先生 (筑波大学大学院ビジネス科学研究科長・教授)
消費者心理とは、環境配慮行動はどうしたら広く消費者に
受け入れられるか?等についてご講演頂く予定です。
2) 討論(30分)

2017.02.01 事務局からのお知らせ
みんなの都市鉱山を持ち寄ってメ ダルにしよ ! 
2020東京オリ ンピック組織委員会で正式決定し、事業者も2団体選ばれて4月から回収が始まります。
詳しくは都市鉱山メダルの会のHPをご覧ください。当協議会松本会長も呼びかけ人となっております。 


会員事業者プリンス電機蒲lからのお知らせ
2月7日(火)に、横浜商工会議所と横浜市環境保全協議会が主催するセミナーで、

「広報戦略的環境活動を創る」と題して講演を行います。(添付)

2部では、報道関係も数社招いて、横浜市立大学のCSRゼミの学生を進行役で情報交換会を行う予定です。

また、環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 国民生活対策室の方にも参加して頂く予定です

詳細:横商HPでの案内 http://www.yokohama-cci.or.jp/event/seminar/2017/0116001124.html

 

今回は横浜商工会議所の会員以外も参加できます。

付きましては、「会員からのご案内」としてメール等会員の方にご案内いただきたくお願いします。

よろしくお願いいたします。