地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

高速バス

2016年8月8日 21時43分01秒 (Mon)

島原号西鉄便、新たな顔ぶれは日野セレガ!

島原号もはやいもので1990年運行開始から今年で26年目。
運行開始から高速バスとして運行している路線としてはなかなかの長命路線であり、1日3往復ほどの本数ながらも7時、13時、18時の比較的使いやすい時間帯設定が好評で、土休日を中心に多くの利用者がいるこの路線。
今までいろいろな車両が登板して参りました。
島鉄側で特に印象的なのは、元日本交通バスのスーパーハイデッカーのエアロバスですね。
img_20121020-121454.jpg
残念ながら、現在は「か・791」号車に置き換えられて引退しておりますが、大きな車体を生かしたこの平成新山のラッピングは今見ても平成新山の雄大さをよく表現できていると思います。
ちなみに、同じく平成新山ラッピング車だった「か・145」号車(島鉄唯一のセレガR)については、現在では以下のような派手なラッピングに変更されていますが、宣伝しているのは島原半島の観光PRではなく、沿線の商業施設であるというのがかえって田舎くさすぎて私はあまり好ましく思えません。
img_20160718-154245.png

さてさて、今回は西鉄便の話。
西鉄便は運行開始当初は「SHIMABARA」のロゴが入った専用車両を投入しておりましたが、その車両は現在は引退済みです。その後はいろいろな車両が導入されてきましたが、今年の4月後半〜5月頃までは以下のような車両に落ち着いておりました。
img_20140101-205650.png
img_20140101-205706.png
博多営業所所属(島原号は2012年から西鉄バス博多営業所の路線)の9494号車と9719号車の2台です。
元々は、福岡〜鹿児島線「桜島」号などの4列シートかを狙ってこの2台を含めた4台が試験的に導入したものの、結果的には失敗に終わったため、この島原号以外には福岡〜宮崎線「フェニックス」号の割引便(皆割フェニックス)や他路線の多客時増車用としての活躍にとどまり、その後は4台のうち2台がグループ会社の「日田バス」へ譲渡されております。そして残った2台がこの2台なわけです。
ちなみに言いますと、2006年式と2007年式の日産ディーゼル車で、今年でデビューから10年目になります。
島鉄バスは九州では珍しい西工車体の新車を入れない(昔は入れてた)というタイプの会社であったため、西鉄の島原号以外で画像のような高速ボディの車体(02MCなど)を見かけることはありませんでした。そのため貴重な存在であるとも言えたわけですが、先述の通り、4月後半〜5月頃から以下の車両が登板されるようになります。
img_20160430-230629.png
博多営業所所属、4854号車です。
元々は大阪にありますユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と福岡を結ぶ路線向けに導入された車両で、特徴的な星(?)のラッピングがなされていたのが特徴でした。
しかしながら、その路線自体が消滅し、僚車の4853号車と共に北九州〜湯布院線(期間限定運行だったか)にて使用された後、このように島原号で使用されるようになりました。ちなみに特徴的なラッピングは解除され、僚車の4853号車は福岡〜大分線「とよのくに」号で使用されているようです。
最近の西鉄の高速車に見られる木目調の床にブラウンのシートが島原でもついに見られるようになり、シートの快適さに加えて落ち着いた内装が利用者には好評なのではないかと思われます。実際、私も福岡〜熊本線「ひのくに」号で利用しましたが、本当に肉体的にも精神的にも落ち着くことができました。無機質な車内だと座り心地は良くても、内装が寒々しくて落ち着かないこともありますから。
さて、この車両は西鉄便の島原号でははじめてのLED式行き先表示機を装備しておりますが、なぜか使用されておりません。せっかく装備しているのなら使えば良いのに・・・と思うのですが。というか、LED式はデータをいじるだけで良いので幕式と比べて行き先の設定がしやすいはずなんですけどね。
そして、先月後半頃より、また新たな顔ぶれが加わりました。それがタイトルにもあります、日野セレガです!
img_20160808-230220.png
博多営業所所属、8546号車です。
画像の通り、セレガはセレガでもスーパーハイデッカーのセレガであり、遠くからでもこの車体の大きさが目立っております。ちなみに、つい最近長崎バスはスーパーハイデッカーのガーラ(いすゞ)を入れたらしいです。県内では久しぶりのスーパーハイデッカー導入になるのではないかと思います。
また、行き先表示は幕式で、島原行きの際は「にしてつ」の幕を使用しておりますが、福岡行きの際は「福(博多駅・天神)岡」の幕を使用しております。幕は黒字に白文字や黄文字となかなかオシャレな印象を受けるものになっております。白地に黒文字などと比べれば、確かにクールな印象を感じますね。
この車両は、元々大宮・池袋・横浜〜福岡線「ライオンズエクスプレス」号で使用されておりました。なお、ライオンズエクスプレス号は日本一長い距離を走る定期路線バス(所要時間は15時間だったか)と日本記録をもっていた路線でした。この車両もライオンズエクスプレス専用塗装をまとって活躍しておりました。しかし2015年に路線は休止、日本一の座を再び新宿〜福岡線「はかた」号へと譲ったのでした。
そんな日本記録保持車が装いを新たに再活躍を始めましたが、その路線がこの島原号でした。
大都市と大都市を結んでいた車両が、こんな一地方都市に来るようになるとは誰が予想していたでしょうかね。私は予想してませんでしたよ、だってライオンズエクスプレスがあんな早く休止になるとは思ってなかったんですから・・・。
ちなみに、幕回しの際に見られたものをいくつか。
img_20160808-230236.png
img_20160808-230247.png
img_20160808-230259.png
上から高松〜福岡線「さぬきエクスプレス福岡」号、三重〜福岡線「お伊勢さんEXPRESS福岡」号、そしてライオンズエクスプレスの幕です。
高松線は現在でも運行中ですが、三重線(三会線じゃないよ!)とライオンズエクスプレスは廃止済み。それでもまだ残っているのは偶然か必然か(しかも博多営業所管轄路線じゃないし)・・・とりあえず撮影できたのは非常に幸運でした!
ちなみに、全て夜行バスですがこの車両は4列シート・・・。利用されてた方はどうだったのでしょうかね、きつくはなかったのでしょうか・・・。
8546号車にとって、この路線が安住の地となれば良いですね。
img_20160808-230315.png

・・・あ、そういえばこいつも忘れちゃならない!
2012年に乗務員訓練で突如やって来たこの子がいました!
img_20121202-101435.jpg
西鉄バスでも、特にマニア人気が高いと言われる3240号車です。
個人的にもこれは大きな収穫でした。なにせ写真でしか見たことなかった白夜行車が目の前を颯爽と通過していったのですから・・・。
はかた号の顔として親しまれたこの車両も今では教習所の教習車。このときはまだ博多営業所に所属していましたが、その後教習所に行ってしまいました。でもこの車両で新しい運転士さんが多数育っていくのですね。バスマニア的には嬉しい話。
定期運用で、もし3240号車が島原に来たならそれこそ大パニックですよね(^0^;)

2016年4月30日 22時13分49秒 (Sat)

西鉄エアロエース、島原を行く

GW前半戦です。こちらでは良い天気に恵まれており、絶好の撮影日和が続いていますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は珍しく西鉄バスネタを・・・といっても「島原号」ネタですけど。
まあ「しまてつ倶楽部」ですから、島鉄関連以外の西鉄など他社のネタは基本的には出しませんよ・・・えぇ。

「島原号」
1990年の路線開業以来、島鉄も西鉄もいろいろな車両が活躍し引退した路線でもあります。
特に下画像のような島鉄のエアロバスが印象に残っている方が多くいらっしゃるのではないかと思います。
img_20130518-121537.jpg
img_20130518-113721.jpg
この車両は元々日の丸自動車(東京)の貸切車だった車両で、島鉄唯一のスーパーハイデッカー車だったのが特徴。実は、この車両の前に活躍していた車両もスーパーハイデッカーで出自も日の丸だったという車両がいたのですが、火災事故により廃車となったためこの車両が代わりに来たわけです。しかし、その後ジオパーク号こと「か・791」導入で廃車となり、島鉄の車両は今に至ります。
一方の西鉄も、運行開始当初は専用塗装車が活躍しておりましたが、現在は汎用塗装「火の鳥塗装」をまとった9494号車と9719号車の2台が専用車両として活躍する今に至ります。

そんな島原号でしたが、今月に入って変化が起きました。
それは西鉄の「島原号」に起こったものです。

先日、島鉄沿線で撮影をしていた私の横を西鉄バスが通り過ぎていきました。
しかしながら何か違和感があります。「あれ?いつもの車両と違う・・・?」
驚いた私が急いでターミナルに向かうと、そこにやつはおりました。
img_20160430-230629.png
img_20160430-230641.png
エ・・・エアロエース!?4854号車!?
見慣れぬ車体、聞き慣れぬ車番・・・この異様な車両は何なのか。
というわけで、この車両について少し解説(西鉄は詳しくないので間違っているかもしれませんが)
この車両は、画像の通り「4854号車」で車種はエアロエースです。2014年に登場した車両です。
当初は西鉄バスではなく子会社の西鉄高速バスに所属していましたが、その後西鉄バスに所属し博多営業所に配属。博多営業所在籍時には、福岡とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を結ぶ路線に使用されていましたが、路線廃止に伴ってか小倉営業所へ転属となっていました。しかし、その後再び博多営業所に戻ってきたということになります。

さて、この日は実は多客に伴って2台体制で運行されていたため、2号車に使用されていた専用車の9719号車とも島鉄バスターミナルで並ぶ光景を見ることが出来ました。
img_20160430-230714.png
エアロエースの端整な顔立ちと02MC車体の洗練された顔立ちのコラボが島原で見られるとは変な感じがしますね(^0^;)こうやって見ると、エアロエースって本当に顔つきはシンプルで、またエアロエースの曲線的な車体は、普段直線的な02MC車体を見慣れていると新鮮ですねぇ。
エアロエースの名前が似合わぬかわいらしい見た目をしていますね、ほんと。

ちなみに、営業運転時は行き先表示機を使用していませんでした。
どうやらデータが無かったんでしょうね。本来はニモカなどのICカードを使うような路線で活躍する車両らしいですし(ステッカーが貼ってあった)
だから紙だけで対応していました。これがいわゆる紙対応ってやつですか。最近「神対応」がどーとかこーとか言う人が多いようですけど。
でも、車両の設備としては十分ではないかと思います。木目調の床やブラウンのシートモケットで構成された落ち着いた内装にトイレ付きとは・・・さすが西鉄と言わんばかりの豪華仕様ですね。
これが定着することになるのか、それとも臨時便だけにとどまるのか・・・気になるところです。
img_20160430-230753.png

2012年12月2日 9時51分14秒 (Sun)

はかた号、島原に現る

1年も気付けばもう12月。今年はなんだか早く感じました。

さて、島原では昨日、毎年恒例の学生駅伝が行われました。

私は午前中は長崎にいたので見れるか心配していましたが、見ることが出来て良かったです。

そんな中、学生駅伝を撮影中に思わぬものと遭遇しました。それが、今回する「はかた号」です。

はかた号とは何ですか?という方に説明すると、はかた号とは東京の新宿駅西口と福岡県の天神バスセンターを約14時間(片道)かけて走行する 夜行バスです。

現在では西鉄バスが単独で運営しているこの路線は、2011年に日本で2番目に長い高速バスとなってしまいました(1位は同じく西鉄の「lions exples」(福岡県天神〜埼玉県大宮)となっている)が、それでも長いことに代わりはなく、過去には某テレビ番組で「キングオブ深夜バス」として紹介され、話題となりました。

そんなはかた号が今回、なぜ島原に来たのかと言いますと、それは乗務員訓練のためです。

西鉄バスと島鉄バスでは共同で「島原号」という路線を運営しています(詳しくは「島鉄見聞録」の該当記事にて)が、島原号は一般道を走る区間が長く、また、諫早駅前バスセンターに唯一乗り入れる高速バスということもあり、乗務員もならしておかねばならない路線でもあるようなのです。

そのため乗務員訓練で来たのですが、なぜはかた号があてられたのでしょうか。

やはり、日中は暇をもてあましている車両と言うことがあるのだろうと思いますが、やはりはかた号が日中に走っているのは珍しいですよね。

写真は、上が学生駅伝と絡めて撮影したもの。下が単独で撮影したものです。

※追記

島原学生駅伝の女子の部に出場していた選手の方が、福岡の大学生寮火災でなくなったということでした。

この場でご冥福をお祈りいたします。



島鉄情報局

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

うみみちの日々徒然

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販