地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

島鉄船部門

2015年1月28日 22時55分21秒 (Wed)

高速船事業、やまさ海運へ譲渡

どうも、管理人です。2015年の実感がわいてるようなわいてないようなそんな人間です。
新年となって1月ほどですが、島鉄から大きなニュースが発表されたのでお伝えします。
 img_20150128-225904.png
「高速船事業、やまさ海運へ有償で譲渡」
1月26日の公式発表などによりますと、近年高速船事業については利用者減少が進んでおりピーク時と比較しても半分・・・もしくはそれ以下の状況となっていることや、燃料費高騰などの煽りを受けて島鉄では運航を長崎市で事業を行っている「やまさ海運(株)」に譲渡することとしました。
やまさ海運は、主に「軍艦島クルーズ」で好調な売り上げを見せている長崎市内の会社です。
やまさ海運としても、「軍艦島クルーズと並ぶ看板路線にしてみたい」など経営に前向きな姿勢を見せています。
今後は、当面現状の運航体制が続くとなっています。

やはり・・・こうなってしまいましたか。
航路廃止もささやかれ、1度は報道機関に廃止を発表したものの後に撤回しておりますから、それほど経営が逼迫していたのでしょうね。
今後も1日4往復で、1800円ほどの運賃の状態が続くようですが、どうなっていくのでしょうか。
あと、船の名称も変更が予想されますので、記録はお早めに。
ちなみに、島原港の高速船桟橋には、船の就航時刻だけでなく到着時刻も書かれています。それによれば、9時45分、12時10分、16時10分、19時10分に島原港に到着する予定となっています。が、結構早着することも多いので撮影の際は時間にご注意ください。また、外港ターミナルにはボートレースの場外券売り場もあるのですが、そこの親父たちかどうか知りませんけどゴミのポイ捨ても多いです。やっぱり、ボートレースチケット売り場は早々に引っ越しするべきです。するとしたら市内の雑居ビルの中ですかね。狭い?そんなもの関係ないです。ギャンブル依存症気味の親父たちに一矢報わねば治安はよくなりませんし教育上よろしくないです。

2014年2月3日 16時40分34秒 (Mon)

またも速報!島鉄高速船減便ながら運行続行決定!

先日「島鉄高速船廃止色濃厚」という記事を書きましたが、朗報が入りました。
なんと・・・島鉄高速船は廃止を免れたようです!
今回は、その情報について簡単ではありますがお知らせします。

島鉄高速船について改めて説明いたしますが、この航路は島原〜大牟田を50分で連絡する航路であります。
島鉄1号(平成10年製)が主に活躍していますが、予備またはチャーター用として、島鉄2号(平成9年製)も在籍しています。
そんな島鉄高速船は、昨年廃止になる可能性が高いと一部メディアより報道されました。
正直、私も利用者が少なく感じていたこともあったので廃止になる確率は高いと思っていたのですが。
なんと・・・島鉄高速船は残ることになりました!

ただし、現在の5往復から4往復に減便され、運賃も大人1870円から2300円に、子供940円から1150円に値上がりするので、ダイヤ改正の行われる4月1日からの利用の際はご注意ください。
詳しいことは→//www.shimatetsu.co.jp/kiji/pub/detail.aspx?c_id=56&type=top&id=87

廃止にならなくてよかったです。
ですが、廃止になりかけたと言うこともあるので、十分廃止の危険性を考える必要もありますね。
img_20131025-221056.png

2012年5月6日 21時40分42秒 (Sun)

大牟田まで50分!島鉄高速船

島鉄の船部門はフェリーだけでなく高速船もあります。 それが、今回紹介する島鉄高速船です。

島鉄高速船は島原港と大牟田市の経済を支えてきた三池港を結んでいます。しかも所要時間は50分・・・とてもはやいです。

島鉄高速船の使用される船は小さめで、それぞれ「島鉄○号」と味も素っ気もないですけど愛称があります。

ですが、難点もありまして・・・一つは運賃がバカ高いこと。

高速船だから何でしょうが、片道が約1700〜1800円って高いと思いませんか。

ちなみに、高速つながりで熊本フェリーの片道運賃は860円と1000円すら超していません。

もう一つは本数の少なさ。

1日4往復のみ(多客時は増便)と少ないダイヤで運行されているため、利便性もヘッたくれもありません。

やはり利便性を高めるには運行本数の多さがあると私は思うのです。

なんというか前途多難な高速船ではありますが、これからも大牟田までの連絡手段として活躍することを願うばかりです。


2012年4月14日 13時21分34秒 (Sat)

そうだ!天草に行こう。天草への生命線、島鉄フェリー

島鉄は船部門も存在しますが、今回はその一つ「島鉄フェリー」を紹介します。

島鉄フェリーは、口之津と天草(鬼池)を結ぶフェリーです。

今となっては、貿易拠点でもあった口之津に来る旅客船はこれだけです。

口之津は今年で開港450年。歴史が長い港町です。

島鉄でも、三角線の観光列車「A列車で行こう」が誕生し、天草経由の観光客にも期待しているようです。

ちなみにですが、ニコニコ動画やYOUTUBEで人気が高い酷道ラリー(通称 酷ラリ)でも389号線の回で登場していますので、気になる方は確認してみては?

島鉄フェリーのこれからについては、あくまで計画段階ですが「天草長島架橋(仮)」が計画されていますので、先行きも不透明。

ですが、これからも天草への生命線として活躍して欲しいですね。



島鉄情報局

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

うみみちの日々徒然

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
QRコード
携帯用QRコード
アクセスカウンター
ドラマDVD通販ModelsOwn(モデルズオウン)ネイルアート長財布の通販