地域密着型エリア広告配信リクルートの地域密着型広告ドコイク?アドネットワーク Ads by ドコイク?[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]
[無料でホームページを作成] [通報・削除依頼]

ネット被害防ぐには

ネット被害防ぐには
web相談 安川雅史さん
info@kyousei-kyouiku.or.jp
img_20140207-170813.jpg
安川雅史 1965年北海道生まれ。北海道の公立、私立高校で教鞭をとる。2005年から全国webカウンセリング協議会理事長として、ネットいじめ、ニート、ひきこもり問題などに本格的に取り組み、年間270回以上の講演で各地を飛び回る。電話、メールでの相談業務、学校の依頼を受けたサイト監視業務もしている。
マートフォン(スマホ)の普及で、子どもたちの間に広がるネットトラブル。ささいな行き違いが原因で、陰湿ないじめに発展することも。全国から年間15000〜16000件の
相談が寄せられている「全国webカウンセリング協議会」(東京都港区)の安川雅史理事長は大人の役割の大切さを強調している。(砂本紅年)
 
ットも包丁と同じです。きっちりと使えば便利な道具ですが、間違った使い方をすれば、人の命をも奪う凶器になります。だから包丁同様、ネットも禁止にするのが解決策ではありません。必要なのは、大人がネットの知識をつけ、子どもに使い方を教えること。「知らなかった」では済まされない時代なのです。相談で一番多いのは、ネット上に流出した
画像トラブルですね。悪ふざけしている画像を友達しか見ていないと思って、ネット上にアップする。飲酒、たばこ、キス画像などいろいろです。でもパスワードなんて簡単に破られて、どこの学校の誰かなんてすぐにわかる。学校にクレームの電話が殺到して、処分を受けたり、学校に通えなくなったりする子が後を絶ちません。
 
の写真の交換も多いです。彼氏、彼女間だけでなく、ネット上で知り合った人にまで
送り、後で脅される。「まさか」と思っても、本当に真面目そうな子までやってしまうのです。誰にも相談できないまま画像があっという間に拡散し、世界中のさらしものになるのです。先日、ある先生が「保健室は、LINE(ライン=無料通話アプリ)で寝不足になっている子のたまり場だ」と言っていました。今は多くの子がスマホを片手にご飯を食べ、勉強のふりをしてLINEやゲームばかり。人の気持ちが分からなくなり、友達同士で互いに成績を落としあっています。
既読表示が「未読」のままだと、「あいつ死んだんじゃないの」となって、学校の机が廊下に出されて花が供えられていたというケースも。その子は学校に通えなくなりました。面と向かって話していれば起きないトラブルです。
私は若い頃、高校の教師をしていました。家庭環境に問題がある生徒らの立ち直りに生きがいを感じるようになり、教育相談を受ける活動を始めました。当初の相談は、いじめ、不登校、少年犯罪などが多かったですが、6年ほど前からネット関連の相談が上回るようになりました。
マホはパソコンです。ウイルス感染もあり、一歩間違えると大変なことになりますが、スマホを買い与える親が多い。フィルタリングは車で命を守るシートベルト。子どもに言われるがまま解除する親も多いですが、これも無責任です。子どもを怒鳴ったり、スマホを取り上げても効果はその場限り。大切なのは正論ではなく、心を動かす言葉です。日ごろ顔と顔を合わせたコミュニケーションをしているかどうかなのです。
 
東京新聞 2014年2月6日(木曜日)しみん発
 

子どものスマホ・トラブル対応ガイド

2016年4月11日発売。 知っていますか? スマホの危険と対処法 教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載!...
発行年月日 2016年04月11日
定価 2,160円
(本体:2,000円)
 
編著者名 全国webカウンセリング協議会 理事長
安川 雅史/著
img_20160330-004937.gif
子どものスマホ・トラブル対応ガイド - web ...
shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info...50...
 
子どものスマホトラブル対応ガイド(予約) - 20163月下旬発売予定。現在予約受付中です。知っていますか? スマホの危険と対処法教育現場・家庭で明日から実践できる情報が満載! □「スマホ依存」「LINEいじめ」「悪質投稿」「リベンジポルノ」――
 

高校生ちゅらマナーハンドBOOK

フリースクールみらいのつぼみ

 

フリースクールみらいのつぼみ

現在、不登校、いじめ、意欲減退、学力不振、家族・対人関係、ネット・ゲーム依存など、生徒とその家族を取り巻く地域社会は様々な課題をかかえています。

フリースクールみらいのつぼみは「課題を抱える生徒や保護者の方に寄り添い、支援を行うこと」「地域とのかかわりにより生徒や保護者の課題を解消し、社会で活躍できる人材を育成すること」を目的として開校しました。

私は教員時代に、様々な子ども達と接する中で、表層に表れない1人ひとりの苦悩や葛藤を深く感じていました。家族の事、友人関係の事、学校での事、自分でもよく分からない辛い事など、本人ひとりでは、立ち向かえない環境にいる子ども達とたくさんかかわりました。

そこで、私は、何かできる事があるのではないか、自分だけでも寄り添えるのではないか、という想いで今の活動を始めました。

学校現場を離れ、養護施設や少年院、児童自立支援施設、知的障害者の施設へ訪問すると、様々な子ども達が一生懸命生きていました。執拗ないじめにあった子ども、家族から見放された子ども、虐待にあった子ども、自分が必要とされていないと信じている子ども、結果として学校に通えなくなった子どもを、日々目の当りにし、子ども達には、心のよりどころ、安心できる居場所や支える人が必要だと痛切に感じました。

絶望してしまいそうな境遇の中、ひたむきに生きている子どもにもたくさん出会いました。私はこのような子ども達や保護者のために、私も成長し続けながら、力になりたいと想い、活動を続けています。

今の社会・世間の荒波を「自分の力で」乗り切り、将来、社会で自分らしく生きていける(貢献)できるよう、子ども達とその家族を支えていきます。

フリースクールみらいのつぼみは、私のこのような想いを実現できる「居場所」として活動して参ります。

 
ネットいじめ・LINEいじめニュース

2013年09月13日 (金)リクナビ進学ジャーナル
悪質化が止まらないネットいじめ。身を守るにはどうしたらいい!?
20138月27日(火)産経新聞手口巧妙化、減らない書き込み 監視にも限界
20138月26日(月)産経新聞ネットいじめ・・・消してもまた…無間地獄で人間不信に
20138月25日(日)産経新聞急増LINE 仲間内でエスカレート 自殺後も「お通夜NOW」
2013年8月4日(日)産経新聞LINEいじめ”の構造 届かぬ外部の目 「学校裏サイト」との違いは
20132月25日日経新聞わが子どう守る ネットいじめ・トラブルの実態  
ネットいじめ対応アドバイザー養成講座
全国webカウンセリング協議会・不登校児対応専門能力検定
全国webカウンセリング協議会設立

葬式ごっこ、裸の画像…中高生「LINEいじめ」の実態
http://dot.asahi.com/aera/2013120300029.html
LINEトラブル深刻 いじめや暴力の契機に
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/52231
進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131017-00010003-jisin-soci
広がる“リベンジポルノ”
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/11/1121.html
わが子をストーカーからどう守る
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/16/01.html
リベンジポルノ:被害拡大 元交際相手の写真、ネットに
http://mainichi.jp/select/news/20131219k0000m040120000c.html
<子どもとネット>「ラインいじめ」 使い方 ルール決めさせて
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130913.html
<子どもとネット>トラブル防ぐには フィルタリング 親の責務
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130830.html
ネット依存の子どもたち<上> 「つながり」に縛られ
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130815.html
ネット依存の子どもたち<下> 絶対悪視は逆効果
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kodomotonet/list/20130817.html
下記から、東京で行われました人権シンポジウムの模様を見ることができます。安川は、LINEいじめについてお話させていただきました。
人権シンポシンポジウムin TOKYO
ネット依存 - ニュースJAPAN - フジテレビ

 誰も見ていないなら何をやってもいいのか?
全国webカウンセリング協議会各種講座
全国webカウンセリング協議会情報
不登校児対応専門カウンセラー養成
全国webカウンセリング協議会の紹介ページ
全国webカウンセリング協議会活動内容
全国webカウンセリング協議会いじめSOS
全国webカウンセリング協議会設 
ネットいじめ・LINEいじめから子どもを救え
不登校・ひきこもり対策
LINEいじめ
広がるLINEいじめ、LINEトラブル
LINEいじめ相談事例
リベンジポルノ
リベンジポルノから身を守る対策
リベンジポルノ相談が増えた理由
リベンジポルノ相談事例
リベンジポルノ対策

人権シンポジウムin東京 インターネットと人権 〜今、ネットで何が起きて ...
インターネットの問題点を人権的観点から議論し、ネット社会の在り方を考える シンポジウムが、2013(平成25)年10月20日、東京で開催されました。参加者は パネリストによる基調報告や、会場からの質問を中心にしたディスカッションに熱心に耳 を傾け、 ...
深刻化する“LINEいじめ” 被害者が語る実態
TBS News ‎-
深刻化する“LINEいじめ”被害者が語る実態 今や10代の7割以上が使っているLINEなどのソーシャルメディア。LINEが人気となっている理由の一つに「グループトーク」機能があります。グループのメンバーが何かメッセージを入れるとグループ ...
【大手小町】「裸の自画撮り」子どもに被害 (2014年6月21日)
【IT&メディア】見知らぬ男とID交換、出会い系アプリ被害増 (2014年6月23日 17:53)
リベンジポルノに直結 彼からの「ヌード撮らせて」はこう断れ
日刊ゲンダイ-
2014/10/29リクルート「R25」編集部が若い女性200人にアンケート調査した結果、恋人に裸や下着姿を撮らせた経験のある人が16.5%、6人に1人に上ることが分かった。理由の1位は「恋人に頼まれて仕方なく」(51.5%)。以下「恋人に勝手に撮られ ...

 

◇問い合わせ先:全国webカウンセリング協議会
【本部事務局】
〒105ー0014
東京都港区芝1ー5ー9住友不動産ビル2号館5階
TEL:03ー6865ー1911
FAX:03ー6865ー1918
URL: http://www.web-mind.jp/
Mail:info@web-mind.jp

 

QRコード
携帯用QRコード