監督挨拶

チーム指導方針
 
監督 後藤 義則
中学生という成長期の生活環境は、自己管理能力を大きく育てる貴重な時期です。
当チームは、野球技術の上達のみではなく、中学生が自己を確立する一つの手段として好きな硬式野球を通して強健な身体と健全な精神を養い、チームワークを形成する。
すなわち団体生活に必要となる“友達を大切にする心”“他人を思いやる心の体得”“何事も最後までやり抜く精神力の育成”に努め、立派な社会人となる基礎を作る事を目的に活動しています。
スポーツ界の勝負において「結果が全て」という言葉がよく使われます。勝負は勝たなければならないし、私自身も常に勝ちたいと思っております。しかし、勝敗は選手自身とチーム全体が重ねた努力に示される結果であり、負けたからといって、そこに至るまでの努力が否定されるものではありません。
今日の努力が明日すぐに結果として現われる訳ではないし、「結果が全て」ではなく、「辛抱して取り組む姿勢こそ全て」だと考えます。

ボーイズ野球を、高校野球で通用する基礎作りのものと位置付けて、3年間勝敗結果を出す事だけを求めるのではなく、その過程を重要視して、子供達の能力を出来る限り向上させる事と、自分の可能性を信じて常に挑戦していく前向きな姿勢が育つ事を心掛けて、指導して参ります。